top of page
  • faith

9/16(日) 信頼して、恐れない

更新日:2022年11月20日

イザヤ書12章1~3節


本日は敬老祝福礼拝です。イザヤ書より語ります。


イザヤは紀元前8世紀後半に南ユダの首都エルサレムで活躍した預言者で南ユダはその頃まで繁栄していましたが、外国の脅威にさらされて次第に陰りが見えるようになってきていました。最大の脅威は、アッシリアからのもので、これに対抗するために、北イスラエルとアラムは反アッシリヤ同盟を結び、南ユダにも加盟を求めたのですがアハズ王がこれを拒んだため両国は紀元前733-732年にユダを攻撃、これが「シリヤ・エフライム戦争」と呼ばれる戦争です。この時、アハズ王とユダの人々は、「森の木々が風に揺らぐよう揺らいだ。」(イザヤ 7・2)と。私たちもさまざまな試練や困難に遭うことがあります。今は危機の時代です。そんななかで、


Ⅰ、パニックになる

イザヤはそんななかでも歴史を支配する神に信頼して落ち着いていなさい、と言われるのです。


Ⅱ、信頼して恐れない

しかし、アハズは預言者イザヤの忠告を聞き入れず、アッシリアの援助にすがろうとしました。確かに、一時はそれで凌ぐことができたが当面の敵アラムは732年に、北イスラエルは722年にいずれもアッシリアによって滅ぼされたのでした。その後の歴史を見れば分かるように、南ユダもこれを境に結局は滅亡への道を進むことになります。こういった世界情勢でしたがイザヤの預言のごとく、神を信頼していれば安全だったのです。「見よ、神は私の救い。私は信頼して恐れない。」(イザヤ12・2)のみ言葉をいつも覚えましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page