top of page
  • 執筆者の写真faith

1月15日(日) 敵を愛せよ

更新日:2023年2月8日

ルカの福音書6章27,28節


平地の説教のなかで特に衝撃的なイエス・キリストの教えはなんでしょうか。

私にとってはルカの福音書6章27節の言葉「あなたがたの敵を愛しなさい」です。

この言葉を守るとき、世界にまことの平和が訪れることでしょう。

そして、この世界がつまらないと思う人が一人もいなくなることでしょう。

イエス・キリストはその教えを弟子たちに伝えています。

そのことはイエス・キリストの弟子になるためには、「敵を愛すること」が求められるということを示しています。


イエス・キリストの弟子とは


Ⅰ、イエス・キリストの教えを聞く者

イエス・キリストの教えを聞く者です。信仰は聞くところから始まります。

イエス・キリストは「弟子たちを見つめながら」(1)とあります。

そこに弟子への深い愛を感じます。


Ⅱ、敵を愛する者

イエス・キリストは弟子たちに言います。「あなたがたの敵を愛しなさい。」と。(27)それは簡単ではありません。

イエス・キリストにあって新しくされた者にしかできないことです。

敵を赦すことさえもできないのが人間です。

それよりさらに踏み込んで愛するということはその人に善を行うことを意味します。


Ⅲ、御霊に属する者

敵を愛する者は御霊に属する者です。聖霊を求め、そして、聖霊を受ける者です。

御霊は愛です。それゆえ敵を愛することができ、呪う者を祝福することができるのです。

自分を愛する者を愛することは誰でもできますが、(32)自分を敵とみなす者を愛する

ことができるのは、御霊に属する者であり、新しい人です。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page