top of page
  • 執筆者の写真faith

◆1月22日(日) 「いと高き方の子ども」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章30~36節


前回に続き「敵を愛しなさい」のみ言葉を深めていきたいと思います。


ある牧師は中学生の時この言葉を聞き、美しい言葉と思ったそうです。

しかし、自分にはできないと思い、次第にこのみ言葉を忘れてしまったと。


「悪には悪で報い、愛には愛で報いる」というのが世界の常識かもしれません。

しかし、イエス・キリストはこの言葉を弟子たちに教えます。

キリスト者がそのみ言葉に生きる時、私たちは変わり、世界は変わるのです。

それはなぜでしょうか。


Ⅰ、報いは大きいのです。(35節)

イエス・キリストの言葉は真理です。

「あなたがたの受ける報いは大きい」と言われるならば、その通りなのです。

自分の敵を愛していくとき、自分自身が神の祝福を受けて変わります。

次に周りの世界が変わるのです。


Ⅱ、いと高き方の子どもとなります。(35節)

イエス・キリストの教えを聞くだけでなく、それを行う時に、いと高き方の子どもであると教えられています。

自分の敵を愛することは普通はできないからです。それは新しく造られた者の姿です。

そのことは水と霊からによります。

それは洗礼と御霊であり、御霊に満たされていくとき、「自分の敵を愛する」ことができる者とされます。

その姿こそ神の子どもの姿だとイエス・キリストは言うのです。

「あなたがたは、いと高き方の子どもです」と。(35)

Ⅲ、ゲッセマネの祈りの凄さを知ります。(22章42節)

イエス・キリストが十字架にかかる前にされたゲツセマネの祈りの凄さを知る者と

されます。

そして私たちもその祈りをささげるとき、世界は変わるのです。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Commenti


bottom of page