top of page
  • 執筆者の写真faith

1月22日(日) いと高き方の子ども

更新日:2023年2月8日

ルカの福音書6章30~36節


前回に続き「敵を愛しなさい」のみ言葉を深めていきたいと思います。


ある牧師は中学生の時この言葉を聞き、美しい言葉と思ったそうです。

しかし、自分にはできないと思い、次第にこのみ言葉を忘れてしまったと。


「悪には悪で報い、愛には愛で報いる」というのが世界の常識かもしれません。

しかし、イエス・キリストはこの言葉を弟子たちに教えます。

キリスト者がそのみ言葉に生きる時、私たちは変わり、世界は変わるのです。

それはなぜでしょうか。


Ⅰ、報いは大きいのです。(35節)

イエス・キリストの言葉は真理です。

「あなたがたの受ける報いは大きい」と言われるならば、その通りなのです。

自分の敵を愛していくとき、自分自身が神の祝福を受けて変わります。

次に周りの世界が変わるのです。


Ⅱ、いと高き方の子どもとなります。(35節)

イエス・キリストの教えを聞くだけでなく、それを行う時に、いと高き方の子どもであると教えられています。

自分の敵を愛することは普通はできないからです。それは新しく造られた者の姿です。

そのことは水と霊からによります。

それは洗礼と御霊であり、御霊に満たされていくとき、「自分の敵を愛する」ことができる者とされます。

その姿こそ神の子どもの姿だとイエス・キリストは言うのです。

「あなたがたは、いと高き方の子どもです」と。(35)

Ⅲ、ゲッセマネの祈りの凄さを知ります。(22章42節)

イエス・キリストが十字架にかかる前にされたゲツセマネの祈りの凄さを知る者と

されます。

そして私たちもその祈りをささげるとき、世界は変わるのです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page