top of page
  • 執筆者の写真faith

◆1月29日(日) 「あわれみ深くなりなさい」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章36節


平地の説教のなかで父なる神が憐れみ深いお方であることをイエス・キリストは語ります。主イエス・キリストは父なる神を「いと高き方」(35)と呼び、そのいと高き方があわれみ深いというのです。


Ⅰ、あわれみ深い天の父(36節)

35節に「いと高き方は、恩知らずな者にも悪人にもあわれみ深いからです。」とあり

ます。

英語ではあわれみはmercyで恵みはgraceです。この区別はほとんどなく、重なりあって

います。

ある学者は「恵み」は神の動機であり、「あわれみ」は現実の現れであると説明していま

した。そしてこのあわれみは苦しんでいる人に寄り添い、その人の苦しみを負うことです。

別の言い方では共感するともいえます。


Ⅱ、あわれみ深いイエス・キリスト

神の子なるイエス・キリストもあわれみ深いお方です。「イエスは舟から上がり、

大勢の群衆をご覧になった。そして彼らを深くあわれんで」(マタイ14・14)と

あります。


Ⅲ、あわれみ深くなるためには

私たちがあわれみ深くなるためにはどうしたらよいのでしょうか。

それを実行するには、私たちの道徳心・努力では不可能です。

それではできないのかと思うかも知れませんが、神のもとに行くことで、そのことが可能と

されます。

またイエス・キリストもよく祈られました。祈りの中で父なる神のあわれみに満たされたのです。私たちも父なる神のもとに行くこと、また、祈りのなかで与えられるものです。

子なるイエス・キリストが罪を赦されたように。

私たちもその神のあわれみの愛を知り、受けるならば、私たちの内に大きなあわれみの力が湧き上がり、愛する力・赦す力が溢れ出るのです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comentários


bottom of page