top of page
  • 執筆者の写真faith

◆10月23日(日) 「確かな歩みへ」

更新日:4月11日

箴言16章9節


私たちは将来のことを理解できません。計画を立てることはできても、その計画通りには

なかなかいかないものです。しかし、今日の題のように、確かな歩みをしたい思いは

みな持っているのではないでしょうか。そのためには何か必要かみたいと思います。


Ⅰ、羊飼いなるイエス・キリスト

羊は迷いやすい動物で、ですから羊飼いがいなければ生きていけない動物なのです。

私たちも迷いやすい者です。よって自分を導いてくださるお方が必要です。


Ⅱ、主の言葉

私たちには聖書が必要です。聖書は神の言葉です。今年度の教会の標語のみ言葉は、

詩篇の言葉で「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」です。

私たちには人生という長い旅路であっても、確かな歩みへと導くことのできる主の最善の

道があるはずです。暗い夜道でも明かりがあれば歩くことができます。

主の言葉はその人にとって足元を照らす光です。


Ⅲ、主にある兄弟、姉妹

教会には主にある兄弟、姉妹がいます。教会にはそれぞれ主が選び、導かれた人たちが

います。その人たちとの交わりを通して迷わず、最善の道へ導かれていくのです。

私は将来に不安を抱え、自分が進むべき道が見えていませんでした。

しかし、クリスチャンの青年に教会を紹介され、教会に行き、羊飼いなるイエス・

キリストを知り、主の言葉がいつも自分にありました。

「しかし、主が人の歩みを確かにされる。」

このソロモン王の箴言、アーメンと言う自分がそこにいます。ときに自分が弱く、無力を

感じて不安になったとき、とりなしてくださる、主にある兄弟、姉妹がいることで

励まされていくのです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Σχόλια


bottom of page