top of page
  • faith

10月23日(日) 確かな歩みへ

更新日:2022年11月20日

箴言16章9節


私たちは将来のことを理解できません。計画を立てることはできても、その計画通りには

なかなかいかないものです。しかし、今日の題のように、確かな歩みをしたい思いは

みな持っているのではないでしょうか。そのためには何か必要かみたいと思います。


Ⅰ、羊飼いなるイエス・キリスト

羊は迷いやすい動物で、ですから羊飼いがいなければ生きていけない動物なのです。

私たちも迷いやすい者です。よって自分を導いてくださるお方が必要です。


Ⅱ、主の言葉

私たちには聖書が必要です。聖書は神の言葉です。今年度の教会の標語のみ言葉は、

詩篇の言葉で「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」です。

私たちには人生という長い旅路であっても、確かな歩みへと導くことのできる主の最善の

道があるはずです。暗い夜道でも明かりがあれば歩くことができます。

主の言葉はその人にとって足元を照らす光です。


Ⅲ、主にある兄弟、姉妹

教会には主にある兄弟、姉妹がいます。教会にはそれぞれ主が選び、導かれた人たちが

います。その人たちとの交わりを通して迷わず、最善の道へ導かれていくのです。

私は将来に不安を抱え、自分が進むべき道が見えていませんでした。

しかし、クリスチャンの青年に教会を紹介され、教会に行き、羊飼いなるイエス・

キリストを知り、主の言葉がいつも自分にありました。

「しかし、主が人の歩みを確かにされる。」

このソロモン王の箴言、アーメンと言う自分がそこにいます。ときに自分が弱く、無力を

感じて不安になったとき、とりなしてくださる、主にある兄弟、姉妹がいることで

励まされていくのです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page