top of page
  • faith

10月30日(日) 試練もまた祝福

更新日:2022年11月20日

コリント人への手紙第一10章13節


今月最後のオープン礼拝、題は「試練もまた祝福」です。人は試練を避けたいと思いますし、イエス・キリストを信じた人はみなバラ色の生活が待っていると思いがちですが、

そうではありません。試練もあります。しかし、試練を通して学ぶ多くのことがあるのも

事実です。日本に来た多くの宣教師たちもみな数多くの試練に合い、打ちひしがれた事も

あったことでしょう。しかし、それらを乗り越えて、現代の日本の教会が存在しています。試練を通して私たちは三つのことを学びます。


Ⅰ、洗練されたキリスト者になります。

金は熱い火を通して不純物が取り除かれて洗練された金になります。人間も同様です。

試練という火を通して不純なものが取り除かれて、洗練されたキリスト者になります。


Ⅱ、キリストに似た者とされます。(コリント人への手紙第一11章1節)

イエス・キリストの弟子にパウロがいます。パウロにはさまざまな試練がありました。

コリント人への手紙第二11章にパウロの試練のリストがあります。

しかし、その後、イエス・キリストに似た者とされたのです。


Ⅲ、忍耐力が養われます。(13節)

「耐えることのできないような試練に合わせることはない。」と、また「忍耐することに

よって自分のいのちを勝ち取りなさい。」(ルカ21・19)とあります。

試練を通して忍耐力が養われ、その忍耐力で神が約束されたものを得ることができます。

それは永遠のいのちであり、アブラハムに与えられた神の祝福です。(ヘブル6・12)

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page