top of page
  • 執筆者の写真faith

10/2(日) 二つの喜び

更新日:2022年11月20日

詩篇16篇1~11節 ※本日のメッセージは岡﨑孝志先生です。


神様なる主は私たちに大きく分けて二種類の喜びを与えてくださっています。一つは「創造の恵み」による喜びです。もう一つは「救いの恵み」による喜びです。ともに根本的な神様の祝福です。


まず、神様は初めに世界を創造されたとき、その力と愛によって良いものとして完成されました。世界には花も動物たちも風景も、素晴らしいものが満ちています。それらを受けとり、喜び生きていけるように、人を始め生物には生理的な欲求が備えられています。欲求は罪や穢れではなく、むしろ神さまの創造の恵み、愛の贈り物です。精一杯に、素晴らしいものを喜び感謝しましょう。


ただ、その欲求が十戒にある貪欲になるとき、罪・穢れとなります。人の欲求は貪欲に傾きます。食欲も性欲も所有欲もきりがなくなり、喜びはかえって苦しみになります。これを戒めるために、世に色即是空が説かれ、この世の一切は何であれ「空」で空しいと聞きます。


しかし、それだけなら、生きる喜びは根本的に否まれています。

聖書は永遠に空ではないものが在る。空とならない神とその愛が在ると告げます。

そしてその愛こそ、救いの恵みによって神様が人に与える根本的な喜びです。


神様は、御子イエスを送り、十字架にかけ、私たちの全ての罪穢れをあがなって下さい

ました。その罪の赦しを受ける人に、神様の愛はそのままその人のものです。その愛が、その人をそしてあなたを生かす全てです。


もはや色即是空ではなく色即是愛です。どんな空しいことも、神様の愛をあなたから奪うことはできません。神様の愛は必ず喜びとなります。ダビデは、「あなたこそ私の主。私の幸いはあなたのほかにはありません。」と証しました。(2)

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page