top of page
  • 執筆者の写真faith

◆10/2(日) 「二つの喜び」

更新日:4月11日

詩篇16篇1~11節 ※本日のメッセージは岡﨑孝志先生です。


神様なる主は私たちに大きく分けて二種類の喜びを与えてくださっています。一つは「創造の恵み」による喜びです。もう一つは「救いの恵み」による喜びです。ともに根本的な神様の祝福です。


まず、神様は初めに世界を創造されたとき、その力と愛によって良いものとして完成されました。世界には花も動物たちも風景も、素晴らしいものが満ちています。それらを受けとり、喜び生きていけるように、人を始め生物には生理的な欲求が備えられています。欲求は罪や穢れではなく、むしろ神さまの創造の恵み、愛の贈り物です。精一杯に、素晴らしいものを喜び感謝しましょう。


ただ、その欲求が十戒にある貪欲になるとき、罪・穢れとなります。人の欲求は貪欲に傾きます。食欲も性欲も所有欲もきりがなくなり、喜びはかえって苦しみになります。これを戒めるために、世に色即是空が説かれ、この世の一切は何であれ「空」で空しいと聞きます。


しかし、それだけなら、生きる喜びは根本的に否まれています。

聖書は永遠に空ではないものが在る。空とならない神とその愛が在ると告げます。

そしてその愛こそ、救いの恵みによって神様が人に与える根本的な喜びです。


神様は、御子イエスを送り、十字架にかけ、私たちの全ての罪穢れをあがなって下さい

ました。その罪の赦しを受ける人に、神様の愛はそのままその人のものです。その愛が、その人をそしてあなたを生かす全てです。


もはや色即是空ではなく色即是愛です。どんな空しいことも、神様の愛をあなたから奪うことはできません。神様の愛は必ず喜びとなります。ダビデは、「あなたこそ私の主。私の幸いはあなたのほかにはありません。」と証しました。(2)

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page