top of page
  • faith

10/2(日) 二つの喜び

更新日:2022年11月20日

詩篇16篇1~11節 ※本日のメッセージは岡﨑孝志先生です。


神様なる主は私たちに大きく分けて二種類の喜びを与えてくださっています。一つは「創造の恵み」による喜びです。もう一つは「救いの恵み」による喜びです。ともに根本的な神様の祝福です。


まず、神様は初めに世界を創造されたとき、その力と愛によって良いものとして完成されました。世界には花も動物たちも風景も、素晴らしいものが満ちています。それらを受けとり、喜び生きていけるように、人を始め生物には生理的な欲求が備えられています。欲求は罪や穢れではなく、むしろ神さまの創造の恵み、愛の贈り物です。精一杯に、素晴らしいものを喜び感謝しましょう。


ただ、その欲求が十戒にある貪欲になるとき、罪・穢れとなります。人の欲求は貪欲に傾きます。食欲も性欲も所有欲もきりがなくなり、喜びはかえって苦しみになります。これを戒めるために、世に色即是空が説かれ、この世の一切は何であれ「空」で空しいと聞きます。


しかし、それだけなら、生きる喜びは根本的に否まれています。

聖書は永遠に空ではないものが在る。空とならない神とその愛が在ると告げます。

そしてその愛こそ、救いの恵みによって神様が人に与える根本的な喜びです。


神様は、御子イエスを送り、十字架にかけ、私たちの全ての罪穢れをあがなって下さい

ました。その罪の赦しを受ける人に、神様の愛はそのままその人のものです。その愛が、その人をそしてあなたを生かす全てです。


もはや色即是空ではなく色即是愛です。どんな空しいことも、神様の愛をあなたから奪うことはできません。神様の愛は必ず喜びとなります。ダビデは、「あなたこそ私の主。私の幸いはあなたのほかにはありません。」と証しました。(2)

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page