top of page
  • faith

10/9(日) この人を見よ

更新日:2022年11月20日

ヨハネの福音書18章38節~19章16節


〈本日は岡﨑孝志先生がメッセージのご奉仕をしてくださいました。〉

〈本日から10月31日までの礼拝はオープン礼拝メッセージです。〉


「人生は出会いで決まる」と言われますが、賛美歌121番(新聖歌99番)の由木康の歌詞に「この人を見よ」とあり、今日のメッセージはそれを題材としました。この歌詞にはイエス・キリストの生涯が記されています。


ヨハネの福音書にも、ピラトがイエス・キリストのことを指さして言った言葉があります。それは「見よ、この人だ。」(5節)です。ラテン語では「エッケホモ」で直訳では「この人を見よ。」となります。このお方、イエス・キリストはどのようなお方か、集中してみましょう。


Ⅰ、罪を見いだせないお方(19章4節)

ピラトが言った言葉に「私にはあの人に何の罪も見出せない」とあります。裁判官の立場でこのように言うことに真実性があります。


Ⅱ、バラバの代わりに十字架にかかられたお方

(18章39,40節)

強盗であったバラバを赦し、罪を見いだせないお方イエス・キリストを人々は選び、十字架につけたのです。このことは人間の悲劇です。日本語の辞書に「愛ではじまったのに腕力で終わる」と言った人がいます。政治犯でもあり、人気があるバラバですが強盗であり、強盗とは暴力で奪い取る人です。


Ⅲ、愛のあるお方

イエス・キリストはこの後、すぐに十字架にかかられます。「完了した」(19・30)とは愛の御業を成し遂げた言葉です。イエス・キリストはすべての人の罪人を救うために父なる神から派遣されたお方。ユダヤ人だけでなく、異邦人さえも愛されたイエス・キリスト。すべての人の救い主なるお方「この人を見よ。」

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page