top of page
  • 執筆者の写真faith

10/9(日) この人を見よ

更新日:2022年11月20日

ヨハネの福音書18章38節~19章16節


〈本日は岡﨑孝志先生がメッセージのご奉仕をしてくださいました。〉

〈本日から10月31日までの礼拝はオープン礼拝メッセージです。〉


「人生は出会いで決まる」と言われますが、賛美歌121番(新聖歌99番)の由木康の歌詞に「この人を見よ」とあり、今日のメッセージはそれを題材としました。この歌詞にはイエス・キリストの生涯が記されています。


ヨハネの福音書にも、ピラトがイエス・キリストのことを指さして言った言葉があります。それは「見よ、この人だ。」(5節)です。ラテン語では「エッケホモ」で直訳では「この人を見よ。」となります。このお方、イエス・キリストはどのようなお方か、集中してみましょう。


Ⅰ、罪を見いだせないお方(19章4節)

ピラトが言った言葉に「私にはあの人に何の罪も見出せない」とあります。裁判官の立場でこのように言うことに真実性があります。


Ⅱ、バラバの代わりに十字架にかかられたお方

(18章39,40節)

強盗であったバラバを赦し、罪を見いだせないお方イエス・キリストを人々は選び、十字架につけたのです。このことは人間の悲劇です。日本語の辞書に「愛ではじまったのに腕力で終わる」と言った人がいます。政治犯でもあり、人気があるバラバですが強盗であり、強盗とは暴力で奪い取る人です。


Ⅲ、愛のあるお方

イエス・キリストはこの後、すぐに十字架にかかられます。「完了した」(19・30)とは愛の御業を成し遂げた言葉です。イエス・キリストはすべての人の罪人を救うために父なる神から派遣されたお方。ユダヤ人だけでなく、異邦人さえも愛されたイエス・キリスト。すべての人の救い主なるお方「この人を見よ。」

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page