top of page
  • 執筆者の写真faith

11月13日(日) 神の国から遠くない

マルコの福音書12章18~34節


本日は召天者記念礼拝です。写真を飾っての召天者合同記念式礼拝は3年ぶりのことです。


マルコの福音書12章ではイエス・キリストとサドカイ人たちとの問答が書かれています。そしてイエス・キリストは正しい真理を伝えています。

死人のなかからよみがえった人がめとったりとついだりはしないと。


Ⅰ、死んだから神にはならない。

 死んだら神になると考える人が日本人には多い。仏教的思想から来るいるものでしょう。「死んだら仏様になる」という。天国会員の方々の写真を飾っていても、礼拝の対象では

ない。礼拝する対象は神ご自身のみであります。イエス・キリストも言われます。

「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。」


Ⅱ、議論では解決できなく神体験が必要。

 信仰について議論することも時には必要ですが、それだけでは解決できないです。

神体験が必要です。イエス・キリストがカルバリーの山で十字架につけられたのは

私たちのためで、それを議論で納得するのではなく、あの十字架は私たちの罪の贖いで

あり、十字架は神の愛の証しです。聖霊の神の働きであり、神の愛が注がれるのです。

議論の対象である神が存在するのではなく、実在する神がそこにおられるのです。


Ⅲ、神の国から遠くない。(34節)

 「あなたは神の国から遠くない」とは神の国はだんだん近くなっているということは

なく、罪を悔い改めたときそこにあるのものです。神の国とは近くとか遠いとか距離の

問題ではなく、神の国がそこにある。神の国に入るという決断が必要なのです。

「あなたは神の国から遠くない」と私たちはいつも神から招かれ、信じる決断を促されて

いるのです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page