top of page
  • faith

11月13日(日) 神の国から遠くない

マルコの福音書12章18~34節


本日は召天者記念礼拝です。写真を飾っての召天者合同記念式礼拝は3年ぶりのことです。


マルコの福音書12章ではイエス・キリストとサドカイ人たちとの問答が書かれています。そしてイエス・キリストは正しい真理を伝えています。

死人のなかからよみがえった人がめとったりとついだりはしないと。


Ⅰ、死んだから神にはならない。

 死んだら神になると考える人が日本人には多い。仏教的思想から来るいるものでしょう。「死んだら仏様になる」という。天国会員の方々の写真を飾っていても、礼拝の対象では

ない。礼拝する対象は神ご自身のみであります。イエス・キリストも言われます。

「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。」


Ⅱ、議論では解決できなく神体験が必要。

 信仰について議論することも時には必要ですが、それだけでは解決できないです。

神体験が必要です。イエス・キリストがカルバリーの山で十字架につけられたのは

私たちのためで、それを議論で納得するのではなく、あの十字架は私たちの罪の贖いで

あり、十字架は神の愛の証しです。聖霊の神の働きであり、神の愛が注がれるのです。

議論の対象である神が存在するのではなく、実在する神がそこにおられるのです。


Ⅲ、神の国から遠くない。(34節)

 「あなたは神の国から遠くない」とは神の国はだんだん近くなっているということは

なく、罪を悔い改めたときそこにあるのものです。神の国とは近くとか遠いとか距離の

問題ではなく、神の国がそこにある。神の国に入るという決断が必要なのです。

「あなたは神の国から遠くない」と私たちはいつも神から招かれ、信じる決断を促されて

いるのです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page