top of page
  • faith

11月20日(日) 幸いと哀れ

ルカの福音書6章20~26節


ルカの福音書6章20~26節には「幸い」が4回、「哀れ」が4回出てきます。

「哀れ」は口語訳聖書では「わざわい」とあります。つまり祝福と呪いの言葉が

並んでいるのです。


確かに現実の社会も、光と闇が交差し、そのため私たちキリスト者は喜んだり、

悲しんだりするのものです。また現代の社会では光よりも闇の方が優勢に見えたり、

喜びよりも悲しみの方がずっと多いのです。


ここでの聖書箇所は神の国の生き方をも教えています。「神の国はあなたがたのものだから」です。


Ⅰ、人は思い違いをしていること

貧しくなったり、飢えたりすることが幸いとされ、富を持つことが哀れであり、

今満腹していることが哀れだとイエス・キリストは言います。

イエス・キリストが間違ったことを言うはずがないなら、私たちが反対のことを願う時、

それは思い違いをしていることになります。


Ⅱ、預言者と偽預言者の言葉

預言者たちが23節、偽預言者たちが26節を発言しています。

そして預言者たちと偽預言者たちは正反対のことを言っています。

預言者たちの目は天に、偽預言者たちの目は人に向けられ、天とは神を指しています。


Ⅲ、隠された奥義

「天においてあなたがたの報いは大きい」(6・23)と主イエス・キリストは言います。

そして、「神はあなたを見ており、その姿、その信仰の姿に対して大きな報いがある」と

伝えています。

私たちは人からの報いを求めやすいものです。

人は世の中で幸いを求めていますが、そこには不幸が隠されてあり、

哀れさがあるのです。

この世での報いを受けすぎるとき、天においての報いを受けることは少ないと、

ここでは言われています。

神の国の生き方とは肉欲・貪欲に支配されずに生きることと、神への揺るがない信仰が

必要です。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page