top of page
  • faith

11月27日(日) 平和の君の誕生

イザヤ書9章1~8節


今日からアドベントに入ります。主なるイエス・キリストは

イスラエルの民が待ち望んだ救い主です。

そして、紀元前700年頃に預言者イザヤにも預言されていた

救い主であり、そこでそのお方は「平和の君」と呼ばれるとあります。


Ⅰ、この世にはびこる暴力

この世には多くの暴力があります。

(1)親しい関係における暴力

あってはならないのですが、家族や友人からの暴力を経験して

おられる方もいます。

(2)文化、メディアにおける暴力

現在ゲームや漫画など暴力的内容があったり、出版・報道における

暴力もあります。

(3)社会生活における暴力

いじめ、ハラスメント、誹謗中傷など、死刑制度での処罰。

(4)地球規模の暴力

武力紛争を含む集団的暴力です。自国第一主義などナショナリズム、

経済格差など。


Ⅱ、非暴力が神のみこころ

救い主は「平和の君」と呼ばれるとあり、イエス・キリストご自身は

この世に平和をもたらすお方として来臨されたのです。

またイエス・キリストは「平和をつくる者は幸いです。」と語られました。

(マタイ5・9)

そして十字架上では「父よ、彼らをお赦しください。

彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」と祈られました。

(ルカ23・34)


Ⅲ、平和を実現する者へ

真に平和を実現することができるのは、主なるイエス・キリストを

救い主として信じる者たちです。

救い主を信じる者にはこの世に安心して生きることができます。

「娘よ、あなたの信仰が・・安心して行きなさい。」(ルカ8・48)

この「安心して」は、直訳すれば「平和のうちに」です。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page