top of page
  • 執筆者の写真faith

◆11月6日(日) 「全き福音」

更新日:4月11日

本日のメッセージは鍋島猛先生がご奉仕をしてくださいました。

ヨハネの福音書5章19~30


イエス様が安息日に病気の人を癒されたことによって、律法を破り、自分を

神と等しくしたという二つの理由で、ユダヤ人たちは、ますますイエス様を

殺そうとするようになりました。

 

イエス様は、ご自分にこのような死の危険が迫った時、「まことに、まことに、

あなたがたに・・・」とご自分の「三つの全き・・・」を宣言されました。


Ⅰ、イエス様にある全き権威の宣言です。

それは父なる神を越える権威でもなく、それに劣るものでもない愛の権威(20)であり、死人にいのちを与える権威(21)であり、すべての人を裁く権威 (22)で、三位一体の

権威です。


Ⅱ、イエス様による「全き救い」の宣言です。

人生の途上において、今生きている私たちが福音を聞き、死を越えて永遠のいのちを得、

もはや裁きを恐れることのないいのちの恵みに移っている幸いを語られました。


Ⅲ、イエス様の「全き宣教」の宣言です。

福音は、イエス様の時代以前は、アダムまで、またイエス様の時代以後は、最後の審判に

至るまでのすべての人々に伝えられています。使徒信条に告白されているように

「今がその時です。」イエス様の今は永遠の「今」です。(Ⅰペテロ3・18~22、4・11)

イエス様は、全き愛の権威をもって最後の審判に臨まれ、救いを完成し、福音宣教を完結

されます。


(結び) 

福音の救いに与らないで、亡くなられた人たちについては全き権威者・愛の主にお委ねしましょう。そして今は、自分の救いを全うし、あるいは感謝しあらゆる機会を捕らえて福音を証ししましょう。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page