top of page
  • faith

11月6日(日) 全き福音

更新日:2022年11月20日

ヨハネの福音書5章19~30


〈本日のメッセージは鍋島猛先生がご奉仕をしてくださいました。〉


イエス様が安息日に病気の人を癒されたことによって、律法を破り、自分を

神と等しくしたという二つの理由で、ユダヤ人たちは、ますますイエス様を

殺そうとするようになりました。

 

イエス様は、ご自分にこのような死の危険が迫った時、「まことに、まことに、

あなたがたに・・・」とご自分の「三つの全き・・・」を宣言されました。


Ⅰ、イエス様にある全き権威の宣言です。

それは父なる神を越える権威でもなく、それに劣るものでもない愛の権威(20)であり、死人にいのちを与える権威(21)であり、すべての人を裁く権威 (22)で、三位一体の

権威です。


Ⅱ、イエス様による「全き救い」の宣言です。

人生の途上において、今生きている私たちが福音を聞き、死を越えて永遠のいのちを得、

もはや裁きを恐れることのないいのちの恵みに移っている幸いを語られました。


Ⅲ、イエス様の「全き宣教」の宣言です。

福音は、イエス様の時代以前は、アダムまで、またイエス様の時代以後は、最後の審判に

至るまでのすべての人々に伝えられています。使徒信条に告白されているように

「今がその時です。」イエス様の今は永遠の「今」です。(Ⅰペテロ3・18~22、4・11)

イエス様は、全き愛の権威をもって最後の審判に臨まれ、救いを完成し、福音宣教を完結

されます。


(結び) 

福音の救いに与らないで、亡くなられた人たちについては全き権威者・愛の主にお委ねしましょう。そして今は、自分の救いを全うし、あるいは感謝しあらゆる機会を捕らえて福音を証ししましょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

bottom of page