top of page
  • faith

12月11日(日) 慰めの言葉

イザヤ書9章6~7節


イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を

決して見捨てないという主の熱心を語っています。

その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。

そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を

預言しています。その意味とは、


Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 

預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い主のお姿を見たのです。 

救い主はユダの王のみではなく、世界の王であり、この世界を統べ治めるお方として

預言者イザヤの目に映ったのです。


Ⅱ、すべての人の罪の重荷を担うお方(6節)

このお方は、私たちすべての人の罪をいっぺんに十字架に担いでくださるのです。

もうすでにイエス・キリストを信じた者の罪を、イエス・キリストご自身が引き受けて

くださいました。

イエス・キリストは言います。「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに

来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11・28)

私たちの重荷を担うお方、その救い主がお生まれになる、そのことがこの6節の意味です。


どうか、自分の重荷をイエス・キリストの肩(もと)に降ろしましょう。

そのとき、自分の重荷は軽くなるのですから。

「これはキリストにふさわしい、慰めの言葉です。この方は御国をその肩で担って

おられるのです。」(マルチン・ルター)


Ⅲ、主権は永遠です。(6節)

イエス・キリストのもつ主権は永遠です。

イスラエルのダビデ王朝の歴史は約600年でした。(BC1010年~BC586年)

しかし、主は、イエス・キリストを信じ、従う者とともに永遠にいてくださいます。

神の国は亡びることはありません。主権は永遠です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。 その意味とは、 Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節) 英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、 苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。 そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。 必要なときに相談相

イザヤ書9章1~8節 先週日曜日からアドベントに入ります。 ともに主なるイエス・キリストのご降誕のクリスマスの日を待ち望みましょう。 先週同様に今日もイザヤ書9章より「永遠の父」と呼ばれる方の誕生の預言を お伝えします。 Ⅰ、「永遠の父」と呼ばれる(6節) この預言は神の御子イエス・キリストの誕生ではないか。 しかし、イザヤは「永遠の父」と呼ばれると預言します。 一つは私たちの救い主は永遠なるお方

bottom of page