top of page
  • faith

12月18日(日) 不思議な助言者と呼ばれる方の誕生

イザヤ書9章6~7節


預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。

その意味とは、


Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節)

英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、

苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。

そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。

必要なときに相談相手になってくださるお方です。

そして、その助言(忠告)とは何なのか、


その一つとして、

「わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金をわたしから

買い、あなたの裸の恥をあらわにしないために着る白い衣を買い、目が見えるように

なるために目に塗る目薬を買いなさい。わたしは愛する者をみな叱ったり、懲らしめたり

する。だから熱心になって悔い改めなさい。」(ヨハネ黙3・18,19)があります。

つまりそれは愛による叱責であり、懲らしめ、悔い改める事を勧めます。


Ⅱ主は不思議な計画者(6節)

この言葉は「計画者」とも訳されます。今まで見えていなかったことかもしれませんが、

私たち一人一人に対して主は不思議な(驚くべき)計画を持たれているのです。

そして、私たちは聖霊とみ言葉によってその計画を知ることができます。

「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる」とあるように、私たちとイエス・キリストとは無関係ではなく、深い関係があるのです。

アドベントの期間にそのことを思い巡らしましょう。母マリアも羊飼いが幼子(イエス・

キリスト)について自分たちに告げられたことを聞いたとき、「マリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。」(ルカ2・19)とあります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルカの福音書2章1~17節 クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。 現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、 プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。 カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを 独自に訳し、個人訳聖書を出

イザヤ書9章6~7節 イザヤの預言はイザヤ個人の願望の夢を語っているのではなく、神は神を信じる者を 決して見捨てないという主の熱心を語っています。 その熱心により必ず、ダビデの家にひとりの男の子が生まれると。 そのイザヤの預言は、「主権はその肩にあり、」とあるように、救い主の誕生を 預言しています。その意味とは、 Ⅰ、世界を統べ治めます。(6節) 預言者イザヤは約700年前にこの地上に生まれる救い

イザヤ書9章1~8節 先週日曜日からアドベントに入ります。 ともに主なるイエス・キリストのご降誕のクリスマスの日を待ち望みましょう。 先週同様に今日もイザヤ書9章より「永遠の父」と呼ばれる方の誕生の預言を お伝えします。 Ⅰ、「永遠の父」と呼ばれる(6節) この預言は神の御子イエス・キリストの誕生ではないか。 しかし、イザヤは「永遠の父」と呼ばれると預言します。 一つは私たちの救い主は永遠なるお方

bottom of page