top of page
  • 執筆者の写真faith

◆12月18日(日) 「不思議な助言者と呼ばれる方の誕生」

更新日:4月11日

イザヤ書9章6~7節


預言者イザヤは、救い主の名が「不思議な助言者」と呼ばれると預言します。

その意味とは、


Ⅰ主は不思議な助言者でありカウンセラー(6節)

英語ではWonderful Counselorです。私たちにとって、生きていくことは簡単でなくて、

苦難などの試練もあり道に迷いこむこともあります。

そんなとき主との交わりの中で解決できたり、正しい道を示してくださいます。

必要なときに相談相手になってくださるお方です。

そして、その助言(忠告)とは何なのか、


その一つとして、

「わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金をわたしから

買い、あなたの裸の恥をあらわにしないために着る白い衣を買い、目が見えるように

なるために目に塗る目薬を買いなさい。わたしは愛する者をみな叱ったり、懲らしめたり

する。だから熱心になって悔い改めなさい。」(ヨハネ黙3・18,19)があります。

つまりそれは愛による叱責であり、懲らしめ、悔い改める事を勧めます。


Ⅱ主は不思議な計画者(6節)

この言葉は「計画者」とも訳されます。今まで見えていなかったことかもしれませんが、

私たち一人一人に対して主は不思議な(驚くべき)計画を持たれているのです。

そして、私たちは聖霊とみ言葉によってその計画を知ることができます。

「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる」とあるように、私たちとイエス・キリストとは無関係ではなく、深い関係があるのです。

アドベントの期間にそのことを思い巡らしましょう。母マリアも羊飼いが幼子(イエス・

キリスト)について自分たちに告げられたことを聞いたとき、「マリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。」(ルカ2・19)とあります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comments


bottom of page