top of page
  • 執筆者の写真faith

◆12月25日(日) 「キリストを迎えよう」

更新日:4月11日

ルカの福音書2章1~17節


クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。

現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには

イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、

プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。

カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを

独自に訳し、個人訳聖書を出版しました。そこには、クリスマスの物語が、

低身に立っての視線で訳されていて興味深いです。


Ⅰ、村中から疎まれたイエスの誕生(7節)

ルカの福音書2章7節には「宿屋には、彼らのいる場所がなかったからである。」と

あります。それゆえにイエス・キリストは家畜小屋の飼い葉桶で誕生したのです。

現代においても、この社会に自分の居場所がないと感じている人は多いです。

イエス・キリストは、まさにそのような自分の居場所がない人々の仲間になられた

のです。そして、悪臭と汚れに満ちた家畜小屋のなかで、神のひとり子なるお方が

お生まれなさったのです。そのことは後のイエス・キリストの人生を暗示しています。

人々の悲しみ・苦しみを経験し、全ての人々に代わって苦しむために来られたのです。


Ⅱ、この汚れた場所を神の栄光の場所とされた(17節)

その後、羊飼いたちが馬小屋に来られこのイエス・キリストの誕生をお祝いしたのです。

主の御使いの導きです。後、イエス・キリストは十字架にかかり、三日目によみがえり

ます。そこにはいのちの喜びが現れています。その喜びは神を信じる者に約束されている

ものです。このイエス・キリストの誕生を私たちは心から歓迎しましょう。

私たちがイエス・キリストを心から歓迎するとき愛と喜びにあふれた人生を送ることに

なるでしょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page