top of page
  • 執筆者の写真faith

12月25日(日) キリストを迎えよう

ルカの福音書2章1~17節


クリスマスの物語はメルヘンチックに語られやすいです。

現在の日本においてもクリスマスソングが鳴り、家や様々な店などには

イルミネーションが飾られ、クリスマスイブには恋人と食事をすることや、

プレゼントを交換したり、百貨店やスーパーではクリスマス商戦が盛んになっています。

カトリック神父に本田哲郎という人がいます。彼は4つの福音書と使徒の働きを

独自に訳し、個人訳聖書を出版しました。そこには、クリスマスの物語が、

低身に立っての視線で訳されていて興味深いです。


Ⅰ、村中から疎まれたイエスの誕生(7節)

ルカの福音書2章7節には「宿屋には、彼らのいる場所がなかったからである。」と

あります。それゆえにイエス・キリストは家畜小屋の飼い葉桶で誕生したのです。

現代においても、この社会に自分の居場所がないと感じている人は多いです。

イエス・キリストは、まさにそのような自分の居場所がない人々の仲間になられた

のです。そして、悪臭と汚れに満ちた家畜小屋のなかで、神のひとり子なるお方が

お生まれなさったのです。そのことは後のイエス・キリストの人生を暗示しています。

人々の悲しみ・苦しみを経験し、全ての人々に代わって苦しむために来られたのです。


Ⅱ、この汚れた場所を神の栄光の場所とされた(17節)

その後、羊飼いたちが馬小屋に来られこのイエス・キリストの誕生をお祝いしたのです。

主の御使いの導きです。後、イエス・キリストは十字架にかかり、三日目によみがえり

ます。そこにはいのちの喜びが現れています。その喜びは神を信じる者に約束されている

ものです。このイエス・キリストの誕生を私たちは心から歓迎しましょう。

私たちがイエス・キリストを心から歓迎するとき愛と喜びにあふれた人生を送ることに

なるでしょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page