top of page
  • 執筆者の写真faith

◆2月12日(日) 「さばくな、赦せ、与えよ」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章37,38節


今日も平地の説教(平野の説教)です。


あわれみ深い者になれたらと常に思います。なりたいけれどもなれない私たちに

主なるイエス・キリストが語られたと思うと苦しい気持ちになります。

けれども本当に私たちをあわれみ、愛してくださるゆえにこれを良い知らせとして伝えて

いるのです。


Ⅰ、さばいてはいけません。(37節)

このことは人はみな苦手です。しかし、さばき主なるお方が、私たちにあわれみを与えられたのです。そのことを思い、さばかない歩みをいたしましょう。

さばくことのできるお方は、私たち人間ではなく、神のみであることを知っているのですから。


Ⅱ、赦しなさい。(37節)

私たちは人のことはよく見えても自分のことは見えないのです。また見ないことにしているのです。

ゆるすことも簡単ではありませんが、イエス・キリストは「赦しなさい。そうすれば、

あなたがたも赦されます。」と言われます。その言葉は、私たちが他の人を赦せないとするなら、私たち自身も神の赦しを受けることができないという意味でもあります。

また主が教えてくださった祈りの「主の祈り」にも「我らに罪をおかす者を我らがゆるす

ごとく我らの罪をもゆるしたまえ。」とあります。

礼拝のなかで、その祈りによって、私たちはみな赦されている者であることを

改めて自覚させられるのです。


Ⅲ、与えなさい。(38節)

使徒の働きに「受けるよりも与えるほうが幸いである。」とあります。(使徒20・35)この言葉は主の言葉です。福音書にはありませんが、パウロが伝えた主の言葉です。

人は受けることを求めますが、主なるイエス・キリストは与える人になることを願うの

です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Commentaires


bottom of page