top of page
  • 執筆者の写真faith

◆2月19日(日) 「良い実を結ぶために」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章43~45節


イエス・キリストの平野の説教はさらに続きます。

ここでの主題は、私たちキリスト者は良い実を結ぶために、神から選ばれ、導かれているということです。


Ⅰ、イエス・キリストに接ぎ木されている私たち

良い木であるイエス・キリストご自身に、私たちキリスト者は接ぎ木されていることを

いつも覚えたいと思います。


時には私たちがキリスト者として、良い枝であるかどうかに

とらわれすぎて、イエス・キリストに接ぎ木されていることを見失うことがあります。


イエス・キリストは言いました。「わたしにとどまりなさい。」(ヨハネ15・4)と。

とどまる時、良い木なるイエス・キリストと私たちは一体なのです。


Ⅱ、良い実を結ぶために

ただ、イエス・キリストにとどまり、つながっていれば安心というわけではありません。

良い実を結ぶためにも、私たちは日々、手入れが必要です。(ヨハネ15・2)

その手入れとは「刈り込み」であり、主の言葉によります。


主の言葉を日々、蓄えること。

時には主の言葉が火となり、焼き尽くすことがあります。(エレミヤ5・14)

蓄える言葉としては、慰めと癒しの言葉だけではないのです。しかし、それは良い実を結ぶためには必要なことです。


そして、「その良い実とは何か」というと、ガラテヤ人への手紙5章22,23節の「御霊の実」です。

その実は具体的には「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」です。


そして、私たちが良い実を結ぶことで、宣教のみ業が進むのです。私たちキリスト者は、

イエス・キリストの証人であるからです。


今や世界は大きな転換期にあります。どんな世界が始まるのか。不安の中にあります。

御霊の実を結ぶ者は、現代の希望の人となれるのです。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comments


bottom of page