top of page
  • 執筆者の写真faith

◆2月19日(日) 「良い実を結ぶために」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章43~45節


イエス・キリストの平野の説教はさらに続きます。

ここでの主題は、私たちキリスト者は良い実を結ぶために、神から選ばれ、導かれているということです。


Ⅰ、イエス・キリストに接ぎ木されている私たち

良い木であるイエス・キリストご自身に、私たちキリスト者は接ぎ木されていることを

いつも覚えたいと思います。


時には私たちがキリスト者として、良い枝であるかどうかに

とらわれすぎて、イエス・キリストに接ぎ木されていることを見失うことがあります。


イエス・キリストは言いました。「わたしにとどまりなさい。」(ヨハネ15・4)と。

とどまる時、良い木なるイエス・キリストと私たちは一体なのです。


Ⅱ、良い実を結ぶために

ただ、イエス・キリストにとどまり、つながっていれば安心というわけではありません。

良い実を結ぶためにも、私たちは日々、手入れが必要です。(ヨハネ15・2)

その手入れとは「刈り込み」であり、主の言葉によります。


主の言葉を日々、蓄えること。

時には主の言葉が火となり、焼き尽くすことがあります。(エレミヤ5・14)

蓄える言葉としては、慰めと癒しの言葉だけではないのです。しかし、それは良い実を結ぶためには必要なことです。


そして、「その良い実とは何か」というと、ガラテヤ人への手紙5章22,23節の「御霊の実」です。

その実は具体的には「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」です。


そして、私たちが良い実を結ぶことで、宣教のみ業が進むのです。私たちキリスト者は、

イエス・キリストの証人であるからです。


今や世界は大きな転換期にあります。どんな世界が始まるのか。不安の中にあります。

御霊の実を結ぶ者は、現代の希望の人となれるのです。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page