top of page
  • 執筆者の写真faith

◆2月26日(日) 「生き方の転換」

更新日:4月11日

ルカの福音書6章39~49節


イエスの平野の説教はさらに続きます。ここでの聖書の箇所の主題は、

「見せかけのない信仰」です。信仰は見せかけだと、


Ⅰ、自分の目の中の梁に気がつけない。(41節) 

「自分の目の中の梁」に気がつけないのです。「主よ、主よ」と呼んでいても、(46)

主の言葉を聞いていても、悲しいかな、それを行うことができないのです。

しかし、兄弟の目のちりは気になり、見えるのです。不思議です。

それは「兄弟」と呼ぶように、キリストのからだなる教会の中でも起こり得ることです。


Ⅱ、「偽善者よ」とイエスは言われる。(42節)

イエスは、そのような信仰は見せかけで「偽善者」と呼び、そして言われます。

「自分の目から梁を取り除きなさい。」と。これもイエスの命令です。

そのことは何を意味しているのでしょうか。罪を悔い改めて、新しい生き方を始めること

です。悔い改めてとは方向転換です。口先だけや、うわべで行うことではなくて、

生き方そのものの転換が必要です。


Ⅲ、土台がない。(48節)

土台なしに家を建てるような生き方をしていたと気がつくならば、「地面を深く掘り下げて、岩の上に土台を据えて」(48)とあるように、このような岩の上に土台を置く生き方をしましょう。

シモンはイエスより「岩(ペテロ)」という名をいただきます。それはシモンが、イエスを主と告白したからです。見せかけの信仰、口先だけの信仰ではなく、主の言葉を信じ、

行う者へと変えられたからです。

生き方の転換を今日から始めましょう。イエスは、イエスを愛する者にそのことを願われたのです。最後に、48節のたとえのごとく、困難の洪水が来たとしても、私たちが耐えることができたら、真のイエスの弟子であるということです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page