top of page
  • 執筆者の写真faith

2月26日(日) 生き方の転換

ルカの福音書6章39~49節


イエスの平野の説教はさらに続きます。ここでの聖書の箇所の主題は、

「見せかけのない信仰」です。信仰は見せかけだと、


Ⅰ、自分の目の中の梁に気がつけない。(41節) 

「自分の目の中の梁」に気がつけないのです。「主よ、主よ」と呼んでいても、(46)

主の言葉を聞いていても、悲しいかな、それを行うことができないのです。

しかし、兄弟の目のちりは気になり、見えるのです。不思議です。

それは「兄弟」と呼ぶように、キリストのからだなる教会の中でも起こり得ることです。


Ⅱ、「偽善者よ」とイエスは言われる。(42節)

イエスは、そのような信仰は見せかけで「偽善者」と呼び、そして言われます。

「自分の目から梁を取り除きなさい。」と。これもイエスの命令です。

そのことは何を意味しているのでしょうか。罪を悔い改めて、新しい生き方を始めること

です。悔い改めてとは方向転換です。口先だけや、うわべで行うことではなくて、

生き方そのものの転換が必要です。


Ⅲ、土台がない。(48節)

土台なしに家を建てるような生き方をしていたと気がつくならば、「地面を深く掘り下げて、岩の上に土台を据えて」(48)とあるように、このような岩の上に土台を置く生き方をしましょう。

シモンはイエスより「岩(ペテロ)」という名をいただきます。それはシモンが、イエスを主と告白したからです。見せかけの信仰、口先だけの信仰ではなく、主の言葉を信じ、

行う者へと変えられたからです。

生き方の転換を今日から始めましょう。イエスは、イエスを愛する者にそのことを願われたのです。最後に、48節のたとえのごとく、困難の洪水が来たとしても、私たちが耐えることができたら、真のイエスの弟子であるということです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page