top of page
  • 執筆者の写真faith

◆2月5日(日) 「いのちのパン」

更新日:4月11日

本日のメッセージは鍋島猛先生がご奉仕をしてくださいました。

ヨハネの福音書6章22~35節


イエス様が、ひとりの少年の差し出した大麦のパン五つと魚二匹で、男性だけでも5000人以上をおなかいっぱいにされた大奇跡の翌日、大勢がイエス様を捜してカぺナウムにやって来ました。(ヨハネ6・1-25)


ところが、イエス様が『わたしがいのちのパンです。・・・』と、お話になると、多くの人は疑問を抱いたり、つぶやいたり、ある人はつまずいてイエス様から離れて行きました(41,52,60,66)。


しかし、ある人たちは、その意味はまだよく分かりませんでしたが、「主よ、そのパンを

いつも私たちにお与えください」とお願いしました(34)。


私たちも同じ願いをもって主の御言葉を聞きたいと思います。 

今朝のポイントは三つです。

①『いのちのパン』の恵み。

②『いのちのパン』の見える形。

③『いのちのパン』を食べる。


①『いのちのパン』の恵み

『いのちのパン』の恵みは、霊においては死んでいる世にいのちを与えます(33)。

そして、主の臨在(内住)とパラクレートスの恵み(35b)です(56,57)。

最後は、永遠のいのちです(40,47、51)。


②『いのちのパン』の見える形

『いのちのパン』の見える形は、聖書(神の言葉)です(63)。

そして、聖餐式です(51,53,54)。


③『いのちのパン』を食べる

『いのちのパン』を食べるとは、信じることです(27-29,35,40)。

そして、聖霊の助けです(63,14:26)。


結び 

アモスの預言のように、今、世界は御言葉を聞くことの飢饉です。

御言葉は全地に満ちているのに、民は飢えています。

私たちは、『いのちのパン』を豊かにいただいていることを感謝し、独り占めしないで

隣人と分かち合わせていただきましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page