top of page
  • 執筆者の写真faith

◆3月19日(日) 「恵みのみわざ」

更新日:4月11日

ルカの福音書7章1~10節


先週の礼拝で、同じ聖書箇所より「み言葉の力」と題して説教をしました。

確かにここはそのような内容でしょう。しかし、別の視点から見てみると、今日お話しするようにも理解できるのです。

イエスがなされたわざはすべてといっていいほど恵みのみわざなのです。

そして、人は神の恵みによって救われ、生きるのです。イエスの十字架も私たちが罪から救われるためなのです。


Ⅰ、資格のない者に与える恵み

神の恵みとは、資格のない者に与えられる資格です。

ユダヤ人と異邦人とは交わりがありませんでした。交わりがあっても純粋な愛の交わりではありません。この百人隊長も、ユダヤ人の長老から信任を受けてはいましたが、自分は

異邦人であるゆえに、心からの愛の交わりがなかったことを知っていました。

ですから、ここで「資格はありません」(6節)と言ったのです。しかし、イエスはこの

百人隊長の部下の命を救ったのです。ですから恵みのみわざなのです。


Ⅱ、資格がないことを知った者に与えられる恵み

私たちも、たとえキリスト者であったとしても、自分に「神の子」と呼ばれる資格がないということを悟ることがなければ、神の救いにはあずかれても恵みの中に生きることは

できません。

放蕩息子も「息子と呼ばれる資格はありません。」と言いました。(ルカ15・19)。

私たちキリスト者は、神の教会の奉仕をすることで救いがあるのではないのです。

奉仕が出来なくても、神の愛はいつも注がれています。また、礼拝にあずかることも

尊い奉仕なのです。

あのイエス・キリストの十字架が私たちの罪の身代わりであり、もう既に私たちの罪が

赦されているのですから。私たちキリスト者は罪人であることを認め、十字架の血潮を

賛美し、ただ感謝すればいいのです。(Ⅰヨハネ1・8,9)

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Comentarios


bottom of page