top of page
  • 執筆者の写真faith

◆3月26日(日) 「近づきたもうキリスト

更新日:4月11日

ルカの福音書7章11~17節


本日の箇所はルカの福音書だけに載っている箇所です。

イエスはナインの町に弟子たちや多くの群衆と一緒に行かれました。

そして町の門の所に近づきます、この門とは、町全体が城壁のようにとり囲まれており、

守りのためのものでした。出入口に門があるのです。

日本は島国で他国により占領されたことがありません(沖縄県はあります)。

ですから町の周りに城壁がないのですが、大陸ではあるのです。

そして、その場所で、ある母親の一人息子が死んでかつぎ出されたところで、イエスと

出くわしたのです。


Ⅰ、同情されるイエス

イエスはこの母親に同情します。その母親をかわいそうと思い、深くあわれみます。

(13節)イエスはその女性が立派な女性だから、信仰深いからというのではなく、

ただこの母親を見て、あわれみをもたれたのです。

ここで重要なことはイエスが先にこの母親に近づいて行ったことです。

誰もイエスに願ったのではありません。イエスが一方的にその母親を見て、深くあわれみをもたれたのです。先週の百人隊長のしもべの死にかかった病の癒しとは違います。


Ⅱ、「もう泣かなくてもよい」と言われたイエス

この棺にイエスは手を置き、「若者よ、起きなさい。」と言われたのです。

死人に命令しているのです。そして、その死人が生き返ったのです。死人に命令とはいかがかなと私たちは思いますが、ここで驚くべき出来事が起こったのです。

死人が生き返り、ものを言い始めたのです。まさにイエスの言葉の力です。

イエスにおいては絶望ということがありません。そしてその御業(みわざ)は、私たちが立派だから為されるのではなく、ただイエスのあわれみによるのです。そのことに、私たちは

慰めを受けるのです。私たちの救いも、主のあわれみ以外にないのです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comentários


bottom of page