top of page
  • 執筆者の写真faith

◆3月5日(日) 「神の時の美しさ」

更新日:4月11日

本日のメッセージは宮崎友子師がご奉仕してくださいました。


伝道者の書3章1~11節


「天の下のすべての営みに時がある。」(1)のみことばから、


Ⅰ、初めがあれば終わりがあります。

「生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。」(2)

誕生と死について、私たちの人生のなかで、自分の顔をまじまじと他者から見られる時が

2度あります。

生まれた時と死んだ時です。前者は笑顔で見られ、後者は涙と嗚咽のなかで・・、

見つめられます。そして、生まれて死ぬまでの間にさまざまな出会いと別れを経験します。しかし、人生の歩みのすべての時を刻まれるお方は、神なのです。


Ⅱ、義父の介護と救い 

2021年3月、義母が脳梗塞で倒れ、入院と共に92歳の義父を牧師館に迎え、牧師館で同居。全く目の見えない人の介護の難しさを体験しました。

同年12月12日義母が召天すると、その後、義父の体力・認知力が急転直下。

義父の入院と救い、義母の召天の二カ月後に義父召天。二人共に、聖日の召天でした。


Ⅲ、メメント・モリ(ラテン語)

これは「自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警告の言葉です。

死は100%の確率で全ての人に臨みます。いかに死ぬかは、いかに生きるか、です。

人生で最も素晴らしい出会いは、イエス・キリストとの出会いです。

あなたは神に会う備えが出来ていますか。あなたの愛する者はどうでしょうか。


閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page