top of page
  • 執筆者の写真faith

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節


先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、

ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。

(11・42,43)


なぜわざわい、不幸なのか。


両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、

「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、

主イエスは言います。

私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。


Ⅰ、自分をごまかし、正当化しない。

主イエスのこの声に耳を傾け、

他の人々が苦しみの中にいるのを見て見ぬふりをしてはいけないし、

愛の行動をしなくても別に罪ではないと思い過ごすことがないように。


マザーテレサは「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ。」

と言われたが、律法には「あなたの隣人を愛し」(マタイ5・43)

とあります。

そのことを忘れてはいけないのです。


Ⅱ、主イエスの命令を聞く。

主イエスは、律法の専門家たちにこのようなことも命令しています。

「この時代はその責任を問われる。」(51)


その責任は人々に負わせている荷物(つまり重荷)を

自らが負うということです。


人は弱い存在で、最初の人アダム以来、罪を転嫁するものです。(創3・12)

しかし、私たちキリスト者は主イエスの言葉と行いをいつも基準に

しなければならないのです。


あの十字架も無理矢理背負わされたのではなく、

主イエスは自らの意志で背負われたのです。

「イエスは自分で十字架を負って、どくろの場所と呼ばれるところに

出て行かれた。」(ヨハネ19・17)


主イエスが十字架を負うことで、私たちの罪が赦され、

神の子としての幸いがあるのです。

ですから、十字架は

いつまでも私たちに責任を問い続けることになるのです。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Comments


bottom of page