top of page
  • 執筆者の写真faith

◆4月2日(日) 「十字架のことば」

更新日:4月11日

ルカの福音書23章34節


本日の礼拝は、棕櫚の聖日礼拝で、イエスがエルサレムへ入場された日です。

今日から一週間を受難週と呼び、イエスの十字架を深く覚える週です。


イエスは「されこうべ(どくろ)」いう不吉な名前の場所で十字架につけられたのです。

二人の強盗とイエスは十字架を背負い、この場所へ来たのです。途中、イエスは倒れそうになったので、ローマ兵は、無理やり、クレネ人シモンという人に十字架を背負わせました。


この十字架の刑は極悪人か、政治犯がかかるでした。イエスは正しい裁判を経ないで、

十字架にかけられたのです。ローマ帝国では何人もの罪人をまとめて処刑することが通例

だったそうです。


このイエスの十字架上では7つの言葉をイエスは言います。その最初の言葉がルカの福音書23章34節の言葉、「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです」で、この言葉は、


Ⅰ、愛を示しています。

イエスはその前夜に弟子たちの足を洗い、最後の晩餐を致します。イエスは、裏切ることになるユダの足まで洗い、極みまでの愛を弟子たちに示します。

そして、ここではローマの兵士や、あざけり罵声を放つ群衆のためにも、愛を示しているのです。

イエスの十字架は神と罪人との仲保者として、とりなしの祈りをささげているのです。


Ⅱ、救いを示しています。

「十字架のことばは、滅びる者たちには愚かであっても、救われる私たちには神の力

です。」とパウロは言います。(Ⅰコリント1・18)

十字架にかかられたイエスを信じる者たちは、滅びから救われ、また救われた者にとっては、それは神の力であると。

ヨハネは、十字架で裂かれた御からだから流れた血は、罪人の汚れを清めると言いました。「御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。」と。(Ⅰヨハネ1・7)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Commentaires


bottom of page