top of page
  • 執筆者の写真faith

◆4月23日(日) 「罪と向きあう時」

更新日:4月11日

ルカの福音書7章36~50節


本日もルカの福音書7章から講解説教です。


私たちは自らの罪深さと向き合うことは、正直なところ避けて通りたいことかも

しれません。罪と向き合うとき、見たくないものをどうしても見なければいけないから

です。しかし、自分の罪と向き合うときに大きな神の恵みを経験します。それも事実です。そのことによって、


Ⅰ、自分の罪深さを知るのです。

自分は他の人より正しい人だ、罪深い人間ではないと思っていても、深く取り扱われる時、大きな罪があることを知るのです。そして、自分の罪深さを知ることなしには、神の赦しの大きさを知ることはできないのです。

「義人はいない。一人もいない。悟る者はいない。神を求める者はいない。」(ローマ3・10.11)


Ⅱ、神の愛の大きさを知るのです。

神の愛の大きさを知ることができたならば、心のなかに憎しみや妬みはなくなり、感謝が

生まれるのです。それに神の赦しの愛を受けた者は、神に感謝の賛美をささげる者とされるのです。そして、新しく造られた者とされるのです。

イエス・キリストは言います。「この人は多くの罪を赦されています。彼女は多く愛したのですから。」と。(47)


Ⅲ、神へ愛を示すようになるのです。

この罪深い女の、主への愛の行動は、そのようなところから来ているのです。

神に罪赦された者は神への奉仕への熱情をもつのです。

最後にエミー・カーマイケルの言葉を伝えます。「we cannot love too much」

(私たちはあまりにも愛しすぎることはありません。)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page