top of page
  • 執筆者の写真faith

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節


先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。


熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが

できるらしいです。

それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。


神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、

かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。


Ⅰ、主イエスの命令

主イエスは「器の中にある物を人に施せ」と言われます。

それはどういうことなのかというと「正義と神への愛の実行」です。

パリサイ人は律法は熱心に守っていますが、正義と神への愛を

おろそかにしていたのです。


それを主イエスは「これこそしなければならない」と語るのです。


この言葉が強い言葉で、したくなければやらなくてよいという言葉では

ありません。

私たちは時々、自分の歩みを振り返って、正義と神への愛が欠けていないかを

点検する必要があります。


Ⅱ、主イエスの命令を行うために

主イエスの命令を行うためには、私たちに必要なことがあります。


まず私たちが壊れやすい「土の器」であることを認識することです。

(Ⅱコリント4・7)


そして、次に外側、外見をきれいにすることだけでなく、

内側が主イエスという「宝」で満たされるように祈り求めることです。


祈りは聞かれます。

また十字架の血潮と聖霊は私たちをきよめる力があります。


パリサイ人たちは律法を守ります。しかし、主イエスにこのように言われます。

「外側はきよめるが、その内側は強欲と邪悪に満ちています。」(39)

それは「わざわいだ」(42)と。


どうぞ、主イエスを信じる者は内側をきよくしましょう。

十字架を仰ぎ、聖霊を待ち望み日々歩みましょう。

そして正義と神への愛をもち続けましょう。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Bình luận


bottom of page