top of page
  • 執筆者の写真faith

4月9日(日) 空の墓と言う復活の証

ルカの福音書24章1~12節


本日の礼拝はイースター礼拝で、イエスが十字架にかかり三日目に復活された日を祝う日

です。

キリスト者はこのイエスの復活を信じています。それにより、どんな時代になろうとも

未来に希望がもてるのです。私たちの死も終着駅ではないのです。

ルカの福音書には、この復活の出来事も明確に書かれています。


Ⅰ、墓が空であった。(3節)

イエスを慕う女性たちは、イエスが埋葬された墓に行きます。墓の場所は、前もって知っていたのでしょう。迷わずにその場所に行きます。しかし、その墓にイエスの死体はありませんでした。墓は空であったのです。死体に香料を塗るために、墓に来た女性たちは驚いた

ことでしょう。

空虚な墓は「イエスが死人の中からよみがえられなければならないという聖書」(ヨハネ20・9)のみことばを示しています。

天使も言います。「ここにはおられません。よみがえられたのです。」と(6)。


Ⅱ、弟子たちも信じられなかった。(11節)

女性たちはそのことで、イエスが言われた言葉を思い出します。そして、弟子たちに伝えるのです。しかし、イエスの弟子たちは信じることができません。だが、ペテロだけは墓に行き、身をかがめて、見たのでした。そこには「亜麻布しかなかった。」のです。

まだイエスの言葉を思い出せないペテロです。しかし、ペテロは今まで多くの失敗をして、自分の思いとイエスの思いとが違っていたことを経験していたので、ペテロのみ、その場所へ行ったのです。

復活は奇跡です。しかし、ルカの福音書はそれが事実であることを示しており、私たちも、イエスの弟子たちや女性たちに現れた復活されたイエスと出会うのです。

絶望の日を迎えても朝は来ます。日曜日の朝は、復活されたイエスの言葉を聞くことが

今でもできるのです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page