top of page
  • 執筆者の写真faith

◆5月14日(日) 「あなたの父と母を敬え」

更新日:4月11日

出エジプト記20章12節


本日は母の日礼拝ですので、十戒の教えである「あなたの父と母を敬え」から

説教を致します。


キリスト教がこの世に出現するにはそれだけの根があり、土台があったのです。

イエスが言われた次のみ言葉は重みがあります。「わたしが律法や預言者を破棄する

ために来た、と思ってはなりません。破棄するためではなく成就するためである。」

との言葉です。(マタイ5・17)

イエスはすでに律法と預言者を有している世界に来られたのです。

そしてキリスト教倫理には土台があるのです。その土台とは、ユダヤ教の倫理でもある

十戒に基いているのです。十戒はすべての人がこの社会における行為の規律であるのです。

十戒とは、


Ⅰ、イエスに倣うこと

キリスト者の倫理とはイエスに倣(なら)うことであり、イエスが罪を犯さなかったという

のは、十戒を守られたということなのです。

私たちもそのような思いで十戒を守ることは重要なことです。


Ⅱ、共同体が成り立たない

法律がなければ社会は成り立たないのです。指導者モーセが、秩序のないイスラエルの民に神からの十戒を受けたのです。十戒はイスラエルの民の共同体存続の基盤だったのです。


Ⅲ、人間に関する律法です。

十戒は二つに区分され、前半は神に関することであり、後半は人間に関することです。

この第五の戒めは人間に関する戒めなのです。

イエスもこの律法に従い、33歳の生涯のなかで30歳まで故郷ナザレで育ったのです。

父ヨセフが死んだ後も母マリアに従っていたのです。

ヨハネの福音書では、十字架上でも母マリアを思うイエスの姿を描いています。(ヨハネ19・26,27)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Comments


bottom of page