top of page
  • 執筆者の写真faith

◆5月21日(日) 「信仰はどこにあるのですか」

更新日:4月11日

ルカの福音書8章22~25節


8章8節のイエスが大声で言われた姿も印象的ですが、ここでの「あなたの信仰は

どこにあるのですか」という言葉はどきっとする言葉です。

舟が突風で揺れていて不安な弟子たち、そして、そのなかでイエスは眠っています。

今、弟子たちは闇に飲まれ、死の陰が見え隠れしていたのです。

私たちの人生のなかで闇に飲まれること、死の陰が見え隠れする時が幾度かあると思い

ます。今がその時かも知れませんし、これからそのような時を迎えることもあるでしょう。そのなかでこの聖書箇所は、私たちには忘れられない言葉となるはずです。


Ⅰ、イエスへの信頼の現れ

弟子たちは、眠っているイエスを起こそうとします。

これは、イエスへの信頼の現れの行為です。弟子たちだけでは解決できない問題を

イエスに頼ることにしたからです。個人の問題も、教会の問題も、イエスにしか頼ることのできないほど深刻な問題があるのです。


Ⅱ、無責任な行為

弟子たちの行為は、信頼と同時に「あとはイエスがなんとかしてくれる」という、

無責任な行為でもあるのです。

ですからすぐさま、イエスは言います。「あなたの信仰はどこにあるのですか。」と。

この言葉は叱責でもありますが、愛の言葉でもあるのです。

信仰を働かせて祈ることが大事です。私たちはどのような信仰をもっているでしょうか。


Ⅲ、臨在信仰

私たちもあの弟子たちと同じで、主が共にいてくださるという臨在信仰がなければ、

恐れをもちます。しかし、この、突風で揺れている舟という危険な場所にイエスはおられるのです。そして、イエスが叱ると、突風はやむのです。

私たちの神はインマヌエルの神です。「神が私たちとともにおられる」(マタイ1・23)

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page