top of page
  • 執筆者の写真faith

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節


本日は主イエスのたとえ話ですが、

御国についての主イエスの考え方でもあります。


多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、

それも間違いではなく、

確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。


主の再臨がいつの日か誰もわからないので

「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。


しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。


Ⅰ、御国の土台

御国の土台は教会です。


教会はキリストのからだであり、

御国は「既にある御国」と、「今からくる御国」の2通りです。


「既にある御国」とは、

私たちが主イエスを信じる時、

神の子とされ、教会の教会員とされることです。


「今からくる御国」とは、

主イエスの再臨の時に完成される御国のことです。


それまでは、教会の働きの中で、

御国での「先取りの恵み」がそこにあるのです。


神の国は神が支配している場所であり、

教会は神の宮であり、

聖霊の宮(Ⅰコリント6・19)でもあるのです。


また教会は神と出会う場所でもあるのです。


これらのことから御国の土台は教会であると言えます。


つまり、御国とは「既にある御国」と、

「今からくる御国」の2通りと分けられ、

思いがけない時、再臨があります。


再臨の時はずっと先の話と思わずに、

「主の日は近い」と意識して、

神は人々を教会へ招いておられるのです。

私たちも意識して宣教を致しましょう。


Ⅱ、御国の秩序

御国の秩序は愛と赦しです。


「むしろ、あなたがたは御国を求めなさい。」とありますが、

そこには愛し得ない人を愛し、赦し得ない人を赦し、

生きる姿があるのです。


主イエスは言われます。

「多く与えられた者はみな、多くを求められ、

多く任された者は、さらに多くを要求されます。」(48)


クリスチャンは、愛と赦しを多くの人に示す使命があるのです。

そのためにクリスチャン自身が、「聖霊の宮」となる必要があるのです。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page