top of page
  • 執筆者の写真faith

◆5月28日(日) 「風吹きわたる時」

更新日:4月11日

使徒の働き2章1~4、14節


本日はペンテコステ礼拝です。ペンテコステとはギリシヤ語で50を意味します。

主イエスが復活された日を一日目として数えて、その日50日目に一つ所に

集まっている弟子たちに聖霊が注がれたのです。

その聖霊が臨まれた時は(1節)生と死を思う時でした。

弟子たちは主イエスの十字架の死と復活を知りますが、まだ完全に回復しているとは

言えない状態です。傷をももっている状態です。また、これからどうやって生きていく

のかを模索している状態です。(2節)

祈っている時、弟子たちは同じ場所に集まり、祈っていました。その時、聖霊が臨まれた

のです。聖霊が臨まれたならば、


Ⅰ、つながりが生まれる(教会が生まれる)

神とのつながり、人と人とのつながりが生まれるのです。孤独を破る現実が生まれた

のです。キリストの教会がそこに誕生しました。初代教会の始まりです。

教会は聖霊によって生み出されるのです。


Ⅱ、「生きよ」と神の熱情を受ける

聖霊は人を生かすのです。生きる力を与えます。ペンテコステのテーマカラーは

赤だそうです。それは神の熱情を示します。

旧約時代、預言者エゼキエルは幻を見ます。枯れた骨です。

「骨は干からび、望みは消え失せ、私たちは断ち切られた。」(エゼ37・11)

そこにイスラエルの民の現実を見せられたのです。そして、神はエゼキエルに

「息に預言せよ」と言われました。息は人を生かします。息は聖霊です。

聖霊を受ける時、人は生きるのです。立ち上がる力を得るのです。

「わたしの霊を入れると、あなたがたは生き返る。」のです(エゼ37・14)


Ⅲ、福音を語る者とされる

ペテロは聖霊を受け、語り始めます。臆病な者が力を受け、神の人とされ、

福音を語り続けるのです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page