top of page
  • 執筆者の写真faith

◆6月11日(日) 「主の祈り」

更新日:4月11日

マタイの福音書6章7~13節


この聖書箇所は、イエス・キリストが弟子たちに祈りについて教えられた

有名な箇所です。ルカの福音書11章を重ねてみると興味深いです。


Ⅰ、主が教えてくださった祈り(9節)

主イエス・キリストの教えて下さった祈りは「主の祈り」と呼ばれています。

以前信徒セミナーで「主の祈り」について学びました。

主の祈りは、毎週礼拝の中でもなされています。イエス・キリスト自身が祈りの人で

あり、朝に夕にお祈りをされました。


Ⅱ、主を賛美する祈り(9節)

「御名が聖なるものとされますように。」は、神の素晴らしさが多くの人によって

知られること、

「御国が来ますように」は、多くのキリスト者が互いに愛し合う世界を待ち望んだ

祈りです。

再臨を待ち望む祈りと同じ意味が含まれます。神の国の実現を願い、祈ります。


Ⅲ、主に必要を求める祈り(11節)

私たちは神の恵みなくして生きていけません。あたり前のように水を飲み、空気を

吸っています。このことも神の恵みの御業です。「日ごとの糧を、今日もお与え

ください。」と。

神は求める者に与えられる、気前のよいお方です。そして、主は私たちがイエス・

キリストのようになることを望まれています。そのためにも主の祈りをささげ、

聖霊を求めることが何よりも重要です。聖霊は

①求める者に(使徒1・14、ルカ11・13)

②信じる者に(使徒19・2、ルカ11・13)

③従う者に与えられます。

聖霊に満たされるとき、愛の人に変えられ、赦すことのできない人のことも赦すことが

できる者に変えられるのです。

「あなたは神のかたちに造られており、それ故あなたはそこに存在するということです。」(フランシス・A・シェーファー)

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page