top of page
  • 執筆者の写真faith

◆6月18日(日) 「原初の福音」

更新日:4月11日

※本日の礼拝は工藤弘雄先生にメッセージをして頂きました。


創世記3章1~21節


「わたしは敵意を、おまえと女の間に、おまえの子孫と女の子孫の間に置く。

彼はおまえの頭を打ち、おまえは彼のかかとを打つ。」(創世記3章15節)


これは堕落した人間への最初の約束です。

ここには、福音の全体と恵みの契約のエッセンスが含まれています。


この約束は大幅に成就しました。女の子孫である私たちの主イエスは、

かかとに傷を負われました。それはなんという恐ろしい傷であったこと

でしょうか。

蛇の頭が最終的に砕かれるとは、なんとすさまじい光景でありましょうか。

このことは、イエスが罪を除き、死に打ち勝ち、サタンの力を破られた時に、

ほぼ実現しました。しかし完全に実現するのは、私たちの主が再臨されてからの

大いなるさばきの日にです。


この約束は、私たちが、たとい今は悪の力に苦しめられ、かかとに傷を負うように

なろうとも、古い蛇の頭を踏みつけておられるキリストによって勝利を得るという

預言になっています。


この一年、私たちは悪魔の試みに会い、またその子孫である不敬虔な人たちの

非情な行為に突きあたり、この約束の最初の部分を体験するでしょう。

深い傷を負い、痛むかかとを引きずるようになるかもしれません。

しかし、このみことばの後半の部分をしっかりつかんでいるなら、決して意気阻喪

(いきそそう)することはありません。

信仰によって、私たちが、女の子孫であるキリスト・イエスによって、今もそれらの状況を支配できると知り、喜ぼうではありませんか。

「主の約束を朝ごとに」(C・H・スポルジョン著より)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page