top of page
  • 執筆者の写真faith

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節


古くから

「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。

主イエスの言葉を聞いている群衆も、

空や風を見て、天気を予測していたこと

でしょう。


現代は天気予測がほぼ正確に

なされてきていますが、

当時はそのようなことではなく、

空と雲、風などで予測していたこと

でしょう。


主イエスは人々に、

天気の予測はできていても

「どうして今の時代を見分けようと

しないのですか。」と

問いかけをされたのです。


Ⅰ、主イエスが地上に来られたこと

主イエスは、

神の国の福音を伝えていました。

(4章)

そして5章32節では

「わたしが来たのは、

正しい人を招くためではなく、

罪人を招いて悔い改めさせるためです。」

と言われました。


しかし、群衆は

罪人であることの自覚もなく、

まさに無自覚状態なのです。

ですから罪を悔い改めることがない。

そのことを主イエスは指摘したのです。

神との交わりが深まるために

罪の悔い改めなしにはあり得ないのです。


柘植不知人師はこのように

言っていたそうです。

「信仰の第一歩は悔い改め、

この悔い改めを得ずして信仰に入ることは

裏口入学をするようなもの」と。


私たちは今日聖餐にあずかります。

罪が示されたら、

悔い改めてあずかることが必要です。


主イエスは地上に来られた理由を

「わたしは、

地上に火を投げ込むために来ました。」

(49節)と言われています。


Ⅱ、和解の主イエス

58節に

「途中でその人と和解するように

努めなさい」と主イエスは言われます。


隣人と和解することが主のみこころです。

私たちは御子イエスにより

神と和解することができ、

神と深い交わりができる者と

されているのです。


「キリストは聖なるものとされる人々を、

一つのささげ物によって

永遠に完成されたからです。」

(へブル10・14)

この一つのささげものこそ

主イエスの十字架です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Kommentare


bottom of page