top of page
  • 執筆者の写真faith

◆6月25日(日)「 主の言葉の現れ」

更新日:4月11日

ルカの福音書8章40~56節


ヤイロの娘と出血の止まらない女の癒しの物語、どちらの奇跡も

大変印象深き話です。

そして、その二つがばらばらにみえる物語にもいくつかの共通点があります。

それは、


Ⅰ、二人の者が絶望的であること

当時、女性の地位は低く、家族以外に誰も顧みることがないなかで、

イエス・キリストのみ違う扱いをされました。

主なる神とはあわれみ深いお方であることをその二つの物語は示しているのです。

この二人の者が絶望的であることは、12年という長い間の病の戦いの期間、

そして、娘の父親がイエス・キリストの前でひれ伏すという行為からも

みてとれます。


Ⅱ、イエス・キリストを癒し主とみておられること

ヤイロも出血の止まらない女も、イエス・キリストを癒し主としてみていたこと。

「すると、ただちに出血が止まった。」(44節)

「少女はただちに起き上がった。」(55節)

イエス・キリストは癒し主なのです。旧約聖書にも「その打ち傷のゆえに、

私たちは癒やされた。」(イザヤ書53章5節)とあります。

当然、その打ち傷はイエス・キリストの十字架によるものです。

旧約聖書の多くの箇所が主なる神が癒し主であることを示しています。


Ⅲ、「ただ信じなさい」という信仰が必要

宗教改革者たちはみな「信仰による救い」を強調しています。

義認(神から義と認められること)は、イエス・キリストを信じることで

与えられるものです。

ですから信じる者と信じない者とのギャップは大きいのです。

現代の教会は神の恵みのなかに立っています。

そして、信仰告白によって成立しています。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comments


bottom of page