top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月16日(日) わたしをだれと言うか

ルカの福音書9章18~21節


イエスは、弟子たちの手にあるわずかな5つのパンと2匹の魚で、

5千人以上の人たちの腹を満腹させた奇跡の後、

弟子たちに質問されたのです。

その質問は「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

(20節)でした。

そして弟子の一人シモン・ペテロが答えました。


Ⅰ、群衆たちの答え(18.19節)

イエスの周りにいた群衆は、イエスのことをバプテスマのヨハネとか、

エリヤ、昔の預言者の一人だとか言っていました。

しかし、弟子たちはさすがにそのように思っていなかったのです。


クリスチャンたちは、イエスがどういうお方がはっきり言えるでしょうか。

この世の人が思うイエスと違うイメージを持っていると確信します。

人間は長い歴史の中で罪を犯し、堕落してしまったため、

創造主なる神との関係が歪んでいるのです。

しかし、その関係を修復されたお方がイエスなのです。


Ⅱ、弟子ペテロの答え(20節)

弟子の中でペテロが答えます。

イエスのことを「神のキリストです。」(20節)と。


キリストとは職名でへブル語の「メシヤ」(油を注がれた者)の意味です。

旧約の時代では、預言者と祭司と王がその職に任じられたときに

任職の油が注がれたのです。

このことは新約の時代ではイエス・キリストに

3つの働きがあることを意味するのです。

「預言者としてのキリスト、

 大祭司としてのキリスト、

 王としてのキリスト」です。


私たちクリスチャンはイエスをだれと言うでしょうか。

他の福音書ではペテロはこのように答えます。

「あなたは生ける神の子キリストです。」(マタイ16・16)

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Comments


bottom of page