top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月16日(日) わたしをだれと言うか

ルカの福音書9章18~21節


イエスは、弟子たちの手にあるわずかな5つのパンと2匹の魚で、

5千人以上の人たちの腹を満腹させた奇跡の後、

弟子たちに質問されたのです。

その質問は「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

(20節)でした。

そして弟子の一人シモン・ペテロが答えました。


Ⅰ、群衆たちの答え(18.19節)

イエスの周りにいた群衆は、イエスのことをバプテスマのヨハネとか、

エリヤ、昔の預言者の一人だとか言っていました。

しかし、弟子たちはさすがにそのように思っていなかったのです。


クリスチャンたちは、イエスがどういうお方がはっきり言えるでしょうか。

この世の人が思うイエスと違うイメージを持っていると確信します。

人間は長い歴史の中で罪を犯し、堕落してしまったため、

創造主なる神との関係が歪んでいるのです。

しかし、その関係を修復されたお方がイエスなのです。


Ⅱ、弟子ペテロの答え(20節)

弟子の中でペテロが答えます。

イエスのことを「神のキリストです。」(20節)と。


キリストとは職名でへブル語の「メシヤ」(油を注がれた者)の意味です。

旧約の時代では、預言者と祭司と王がその職に任じられたときに

任職の油が注がれたのです。

このことは新約の時代ではイエス・キリストに

3つの働きがあることを意味するのです。

「預言者としてのキリスト、

 大祭司としてのキリスト、

 王としてのキリスト」です。


私たちクリスチャンはイエスをだれと言うでしょうか。

他の福音書ではペテロはこのように答えます。

「あなたは生ける神の子キリストです。」(マタイ16・16)

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comments


bottom of page