top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月2日(日) 「信仰を得るには」

更新日:4月11日

ルカの福音書9章1~9節


イエス・キリストは弟子たちを派遣するために、霊と心体をご支配くださる

主の力を授けられました。

私たちは霊だけで生きるのではなく、心と体も持って生きています。

霊だけでなく心も体も私たちにとって大切なものです。

そして、弟子たちも各地で福音を告げ知らせたのです。

しかし、主イエス・キリストが彼らの信仰のなさを嘆く場面があります。


Ⅰ、弟子たちの信仰

弟子たちは特別に主イエス・キリストに選ばれていますが、

信仰については、不信仰の罪について厳しく指摘されています。

キリスト者は、この世においてサタンの戦いがあります。また誘惑もあります。

そのなかで大切なことはみ言葉と祈りですが、(エペソ6章)

主イエス・キリストを信じる信仰が必要です。

「あなたがたの信仰はどこにあるのかですか」(8・25)

「これらすべての上に、信仰の盾を取りなさい。」(エペソ6・16)


Ⅱ、ヘロデ王の信仰

ヘロデ王もまた主イエス・キリストのことを「いったいだれなのだろうか。」

(9)と言って理解できません。イエス・キリストに会ってみたいという願いも、

後の主イエス・キリストの十字架の直前にかなえられます。

しかし、その出会いを通しても主イエス・キリストを信じる信仰を

もつことができませんでした。主イエス・キリストとの出会いがあっても、

すべて信仰に至らないこともあり得るのです。

私たちも同じで、信仰は、主イエス・キリストの十字架と復活を知って

与えられるものです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

コメント


bottom of page