top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月23日(日) 受難の予告

更新日:2023年8月4日

前回、お話しましたが、イエス・キリストは深い熟慮の末に、

弟子たちに「あなたがたは、わたしをだれだと

言いますか。」と質問されます。


そして、弟子の一人のペテロが答えました。

「神のキリストです。」と。


この答えは、主イエスがラビ(教師)ではなく、

預言者でもなく、

神から遣わされた来たるべきキリスト、

救い主であると告白したということです。


Ⅰ、ペテロの告白の背景

ペテロの信仰告白は、

主イエスのそばでお仕えする中で、

またいくつかの主イエスのなされる大いなる御業を見て、

この方こそ、

真の救い主(へブル語のメシア、

ヨハネ1・41,4・25)、

油注がれた者であるに違いないと

確信したことからきているのです。


Ⅱ、主イエスが秘めておられたこと

ペテロの信仰告白を聞いたとき、

主イエスはそれまでこころの中に秘めておられたことを

今、話し始めます。


すなわち、ご自分がどのような使命をもつ救い主であるかを

隠さずに弟子たちに話されたのです。


こののち、ユダヤの指導者たちに苦しめられ、殺され、

三日目に復活すること、

それはまことの神に逆らう

すべての人間の罪を背負って救う神のご計画を

成し遂げることであることを。


あの主イエスの十字架は私たちの罪をも背負い、

赦すためでもあるのです。


「イエスも、ご自分の血によって

民を聖なるものとするために、

門の外で苦しみを受けられました。」

(へブル13・12)


ペテロの信仰告白とともに、

罪の赦しの確信を私たちはもちましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page