top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月23日(日) 受難の予告

更新日:2023年8月4日

前回、お話しましたが、イエス・キリストは深い熟慮の末に、

弟子たちに「あなたがたは、わたしをだれだと

言いますか。」と質問されます。


そして、弟子の一人のペテロが答えました。

「神のキリストです。」と。


この答えは、主イエスがラビ(教師)ではなく、

預言者でもなく、

神から遣わされた来たるべきキリスト、

救い主であると告白したということです。


Ⅰ、ペテロの告白の背景

ペテロの信仰告白は、

主イエスのそばでお仕えする中で、

またいくつかの主イエスのなされる大いなる御業を見て、

この方こそ、

真の救い主(へブル語のメシア、

ヨハネ1・41,4・25)、

油注がれた者であるに違いないと

確信したことからきているのです。


Ⅱ、主イエスが秘めておられたこと

ペテロの信仰告白を聞いたとき、

主イエスはそれまでこころの中に秘めておられたことを

今、話し始めます。


すなわち、ご自分がどのような使命をもつ救い主であるかを

隠さずに弟子たちに話されたのです。


こののち、ユダヤの指導者たちに苦しめられ、殺され、

三日目に復活すること、

それはまことの神に逆らう

すべての人間の罪を背負って救う神のご計画を

成し遂げることであることを。


あの主イエスの十字架は私たちの罪をも背負い、

赦すためでもあるのです。


「イエスも、ご自分の血によって

民を聖なるものとするために、

門の外で苦しみを受けられました。」

(へブル13・12)


ペテロの信仰告白とともに、

罪の赦しの確信を私たちはもちましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

コメント


bottom of page