top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月30日(日) たとえ全世界を手にいれても

「長老、祭司長、律法学者」は、福音書にたびたび登場します。

当時このトリオは、

ユダヤの「最高法院(サンヘドリン)の

最も重要なメンバーであったのです。


彼らが必死になって主イエスを捕らえ、

殺そうとしたのはなぜでしょうか。


山上の垂訓に見られるように、

彼らには主イエスが、

律法を破っており、神を冒涜していると思えたからです。


Ⅰ、主イエスの覚悟

口語訳聖書では、22節に「必ず」という言葉があります。


そのギリシヤ語は「デイ」という言葉で、

神の必然性を示しています。

「必ずそうであらねばならないもの」として

主イエスは決めていたのです。


Ⅱ、主イエスの厳しい命令

主イエスは、「自分を捨て、自分の十字架を負って

わたしに従いなさい。」と弟子たちに言われました。


主イエスは弱き者、小さき者を特別に愛されました。

たとえ自分が罪人と言われても、

彼らの尊厳を守ったお方です。

私たちも主イエスのように生きるとき、

真の祝福を受けることになるのです。


Ⅲ、エゴイズムの先は滅びです。

エゴイズムとは自己中心主義です。

主イエスは言います。

エゴイズムで全世界を得てもむなしいと。


現在の地球環境の崩壊は、

人間の高慢とエゴイズムの先の世界を意味しています。


クリスチャンが神を愛し、

隣人を愛していくとき、

この世界は素晴らしい世界へと移り変わるのです。


現代の危機の時代は、

人間に、自己中心主義から神中心主義へ転換することを

求められているのです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆6月2日(日)「悔い改めと和解の主イエス」

ルカの福音書12章48~59節 古くから 「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と言われます。 主イエスの言葉を聞いている群衆も、 空や風を見て、天気を予測していたこと でしょう。 現代は天気予測がほぼ正確に なされてきていますが、 当時はそのようなことではなく、 空と雲、風などで予測していたこと でしょう。 主イエスは人々に、 天気の予測はできていても 「どうして今の時代を見分けようと しないのですか。」

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

Σχόλια


bottom of page