top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月9日(日) 小さな献げもの

ルカの福音書9章10~17節


イエス・キリストは、五千人以上の人に対して、弟子が「これぽっちしかない」と

思ってささげた、5つのパンと2匹の魚を用いて奇跡を起こされました。

その出来事がルカの福音書でも書かれています。

主イエス・キリストは、


Ⅰ、小さな献げものを尊く用いられる

弟子がささけた5つのパンと2匹の魚を、主イエス・キリストは

「天を仰いで、賛美の祈りを唱え」てお分けになったのです。

小さな献げものも神に感謝して献げたとき、それを豊かに用いられるのです。

貧しい者たちや小さな子どもたちを主イエス・キリストは愛されるお方です。

ルカの福音書21章では、貧しいやもめのレプタ銅貨2枚の献げものを

主イエス・キリストは喜ばれました。


Ⅱ、満たされるお方

群衆の5千人たちの必要が満たされ、「すべての人が満腹した。」(17)

とあるように、神のなされる御業は素晴らしいのです。

これっぽっちで恥ずかしいという小さな献げものを、

主イエス・キリストは祝福して、余るほどに満たしてくださるのです。

それに尽きます。


Ⅲ、弟子たちに神の御業の参画を

「群衆に配るように弟子たちにお与えになった。」(16)。

主イエス・キリストの弟子への指図があって、5千人以上の人たちに

パンと魚が与えられたのです。

この行為はとても大変ですが、大事なことです。

自己犠牲による神の御業への参画は、主イエス・キリストが求めておられる

ことです。そこで、弟子たちは神の奇跡をともにみるのです。

「そして余ったパン切れを集めると、12かごあった。」(17)

12はイスラエルの部族の数です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

◆8月13日(日) 主イエスの真実の姿

ルカの福音書9章28~36節 先週の礼拝と同じ聖書箇所ですが、 ここでは主イエスの真実の姿を さらに見たいと思います。 Ⅰ、栄光の姿(29節) イエスが山に登ると御顔は変わり、 衣も白く光って栄光に輝かれた、とあります。 変貌山の出来事がここに書かれています。 ペテロと弟子たちはその姿に驚きます。 34節には「弟子たちは恐ろしくなった。」 ともあります。 先週は、主イエスが栄光の姿に変えられたこと

◆8月6日(日) 変わること

ルカの福音書9章28~36節 主イエスが山に登り栄光に輝かれた 変貌山の出来事を理解することは 非常に難しいです。 しかし、このことを通して 何を教えられているのかを知ることは、 私たち現代のクリスチャンにとって、 とても重要なことです。 この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、 主イエスの受難予告がありました。 ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白 (イエスが神からのメシアであるとの告白)

bottom of page