top of page
  • 執筆者の写真faith

◆7月9日(日) 「小さな献げもの」

更新日:4月11日

ルカの福音書9章10~17節


イエス・キリストは、五千人以上の人に対して、弟子が「これぽっちしかない」と

思ってささげた、5つのパンと2匹の魚を用いて奇跡を起こされました。

その出来事がルカの福音書でも書かれています。

主イエス・キリストは、


Ⅰ、小さな献げものを尊く用いられる

弟子がささけた5つのパンと2匹の魚を、主イエス・キリストは

「天を仰いで、賛美の祈りを唱え」てお分けになったのです。

小さな献げものも神に感謝して献げたとき、それを豊かに用いられるのです。

貧しい者たちや小さな子どもたちを主イエス・キリストは愛されるお方です。

ルカの福音書21章では、貧しいやもめのレプタ銅貨2枚の献げものを

主イエス・キリストは喜ばれました。


Ⅱ、満たされるお方

群衆の5千人たちの必要が満たされ、「すべての人が満腹した。」(17)

とあるように、神のなされる御業は素晴らしいのです。

これっぽっちで恥ずかしいという小さな献げものを、

主イエス・キリストは祝福して、余るほどに満たしてくださるのです。

それに尽きます。


Ⅲ、弟子たちに神の御業の参画を

「群衆に配るように弟子たちにお与えになった。」(16)。

主イエス・キリストの弟子への指図があって、5千人以上の人たちに

パンと魚が与えられたのです。

この行為はとても大変ですが、大事なことです。

自己犠牲による神の御業への参画は、主イエス・キリストが求めておられる

ことです。そこで、弟子たちは神の奇跡をともにみるのです。

「そして余ったパン切れを集めると、12かごあった。」(17)

12はイスラエルの部族の数です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月26日(日)「御国の土台と秩序」

ルカの福音書12章31~48節 本日は主イエスのたとえ話ですが、 御国についての主イエスの考え方でもあります。 多くのクリスチャンは再臨の話だというのですが、 それも間違いではなく、 確かにこの聖書箇所を読むと、その思いになります。 主の再臨がいつの日か誰もわからないので 「目を覚ましている」(37節)必要があるのです。 しかし、それだけではなく、御国について、主イエスはここで示したいのです。 Ⅰ

◆5月19日(日)「いとも良きもの」

ルカの福音書11章9~13節 使徒の働き1章8節 本日はペンテコステ礼拝です。 キリスト教会の誕生日でもあります。 当時の会堂はユダヤ教の会堂(シナゴク)でしたが、 使徒の働き2章の出来事により、 キリストの教会が誕生したのです。 そして、エルサレムからユダヤ、サマリヤと その教会の働きが前進していくのです。 主イエスはいとも良きものを聖霊と教えています。 その聖霊は、 Ⅰ、求める者に与えられます

◆5月12日(日)「両親に仕える主イエス」

ルカの福音書2章41~52節 主イエスの少年時代のことは、 ルカの福音書のみ触れています。 しかし、ここ(ルカ2章)でも、 私たちは神からの強いメッセージを知ることができます。 主イエスは、 Ⅰ、神の子としての目覚め 主イエスは30歳になって神の子としての目覚めがあったという人もいますが、 12歳の時にはもうすでに神の子としての目覚めがあったのです。 エルサレムにある神殿を「自分の父の家」と言われ

Comments


bottom of page