top of page
  • 執筆者の写真faith

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

更新日:2023年8月23日

ルカの福音書9章28〜43節


イエスと3人の弟子たち一行が

山を下りてくると、

大勢の群衆が主イエスを

迎えました。


その群衆の中には

悪霊に取りつかれていた

子どもの父親がいて、

以前弟子たちに、

悪霊を追い出して欲しいと

願ったが、できなかったと。


そこで山を下りてきた

主イエスに再度お願いしたのです。


ここではふがいない弟子たちの

姿が浮き彫りにされています。


Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れている弟子たち


主イエスが祈りをささげたときに、

その衣が白く輝いた姿や

雲が沸き起こり、

彼らを覆ったときも

弟子たちは恐ろしくなりました。

我を失う弟子たちの姿を

ここでみることができます。


Ⅱ、悪霊を追い出すことのできない弟子たち


悪霊に悩まされている

子どもの父親に、

弟子たちはお願いされたのですが、

それができなかったのです。


これらの弟子たちの姿には、

人間の無力さ、弱さ、

不信仰があらわされています。


主イエスも思わず、

「ああ、不信仰な

曲がった時代だ。」(41)

と言います。


しかし、最終的には

主イエスは、その息子から

悪霊を取り除かれたのです。


この出来事は、

現代の私たちクリスチャンに

いくつかのことを教えています。


①弟子たちのふがいない姿を

笑うことができないこと、


そして、

②弟子たちにとって

信仰が大切であったように、

私たちも信仰をもつことが

何よりも大事であること、


また、

③このような不信仰な時代、

曲がった時代にも

神の顧みは必ずあるということ、

そのことを信じることです。


一方的な主イエスの愛は、

弱き者、不信仰な者をも

救い出すことができるのです。

「にもかかわらずの」神、

憐み深い神なのです。

 

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆5月5日(日)「心配をしないで」

ルカの福音書12章22~31節 私は、道端で美しい花に出会うと、 このルカの福音書の12章27節の聖句が思い浮かびます。 そして、足をとめたその花には、想像を超える美しさがあり、 しばし時間を忘れるのです。 そして、この聖書箇所では「心配をしないで」というメッセージがあるのです。 Ⅰ、思い悩みが小さくなる。 わたしたちの思い悩みは、明日のことで思い悩むのですが、 神は私たちに必要なものを備えてくだ

◆4月28日(日)「神の前に豊かになるとは」

ルカの福音書12章13~21節 主イエスのもとには群衆が集まり、その群衆の中のある人が 主イエスに質問をしたのです。 「先生。遺産を私と分けるように、私の兄弟に言ってください。」(13)と。 そのときの主イエスの答えと、主のたとえ話を通して、 神の前に豊かになるとはをともに学びたいと思います。 Ⅰ、どんな貪欲にも気をつけ、警戒しなさい。(15節) 「地獄の沙汰も金次第」といわれますが主イエスはこう

◆4月21日(日)「偽善から自由へ」

ルカの福音書12章1~12節 偽善とはある役を演じているのです。それはいつわりの姿です。 人々から賞賛を得ようと演じています。 しかし、家庭は素の姿でいるため、クリスチャンの信仰の継承が 難しい原因の一つでもでもあります。 そのために偽善から自由へと導かれる必要があります。 この後の三つのことをよく覚えることです。 Ⅰ、すべてのことは明るみに出ます。(2節) パリサイ人のパン種は偽善であると主イエ

Комментарии


bottom of page