top of page
  • 執筆者の写真faith

◆8月6日(日) 変わること

更新日:2023年8月13日

ルカの福音書9章28~36節


主イエスが山に登り栄光に輝かれた

変貌山の出来事を理解することは

非常に難しいです。

しかし、このことを通して

何を教えられているのかを知ることは、

私たち現代のクリスチャンにとって、

とても重要なことです。


この出来事の前に、ペテロの信仰告白と、

主イエスの受難予告がありました。


ぺテロにとっては自分自身がした、あの信仰告白

(イエスが神からのメシアであるとの告白)

でしたが、この変貌山での出来事はまぶしすぎて


Ⅰ、理解できない。

「自分の言っていることが分かっていなかった。」

(33)のです。

自分自身にがっかりしたのです。


人生の中でも、私たちクリスチャンが

がっかりするのは、

主イエスの考えや、主イエスのみ心を十分知ったり、

理解することが出来ない時です。


Ⅱ、変わることの必要性を知る

主イエスが栄光に輝く姿をみて、

「変わること」の必要性を弟子たちは知ったのです。


人はキリストに似ることが可能なのです。

もちろん、自分の力ではどうすることもできません。

人は簡単に変わることができないからです。

変わることができるとしたら


①それは愛によるのです。

命がけの愛に触れたときに変わることができるのです。

(エレミヤ31・3,Ⅱコリント5・14)


②それは祈りによるのです。(29)

祈りは神との交わりです。

主イエスも、父なる神と交わった時に輝いたのです。

祈りをささげるときに御霊の働きがあるのです。


Ⅲ、十字架・復活を知る。

主イエスが受難の予告を語っても、理解できない弟子達。

しかも最後まで理解できず、信じることができずにいます。


しかし、主イエスは弟子たちには、あらかじめ

そのことを伝えているのです。

山に登り、栄光に輝いたこともそのためでもあるのです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆4月14日(日)「無関心は罪」

ルカの福音書11章45節〜54節 先週はパリサイ人に「わざわいだ」と主イエスは言いましたが、 ここでは律法の専門家たちにも「わざわいだ」と言います。 (11・42,43) なぜわざわい、不幸なのか。 両者に共通していることは、自分の欲を満たすことを最優先し、 「人々には負いきれない荷物を負わせる」からだと、 主イエスは言います。 私たちもこの主イエスの言葉を聞きましょう。 Ⅰ、自分をごまかし、正当

◆4月7日(日)「正義の実行のために」

ルカの福音書11章37~44節 先週はイースター礼拝でした。今週も復活の主をあがめて歩んでいきましょう。 熟練した陶工者は、暗闇の中でも自分のつくった器を見分けることが できるらしいです。 それは端正こめて、生み出したものであるからだそうです。 神も私たちを「神の作品」(エペソ2・10)として、 かけがえのない存在として創造されたのです。外見だけでなく、内側もです。 Ⅰ、主イエスの命令 主イエスは

◆8月20日(日) 顧みてくださる主イエス

ルカの福音書9章28〜43節 イエスと3人の弟子たち一行が 山を下りてくると、 大勢の群衆が主イエスを 迎えました。 その群衆の中には 悪霊に取りつかれていた 子どもの父親がいて、 以前弟子たちに、 悪霊を追い出して欲しいと 願ったが、できなかったと。 そこで山を下りてきた 主イエスに再度お願いしたのです。 ここではふがいない弟子たちの 姿が浮き彫りにされています。 Ⅰ、主イエスの変貌を前に恐れて

Comments


bottom of page